その他 other

音声アナウンス

音声アナウンス

 国立ハンセン病資料館では、ハンセン病への正しい理解を広めるとともに、人権意識の向上、社会啓発の促進等のために、学校、自治体、公共団体等を含めた広く一般の全ての方々に対してホームページ上での音声アナウンスを行っております。どうぞご視聴ください。

1. 資料館の目的
 ハンセン病資料館は、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的としています。

(再生時間18秒)


2. 「ハンセン病」とは
 らい菌による慢性の感染症です。初期症状は皮疹と知覚麻痺です。治療薬がない時代には変形を起こしたり、治っても重い後遺症を残すことがありました。そのため、主に外見が大きな理由となって社会から嫌われてきました。現在では有効な治療薬が開発され、早期発見と早期治療により後遺症を残さずに治るようになりました。

(再生時間37秒)


3. 国立ハンセン病資料館のあらましとお願い
 ごあいさつ
 国立ハンセン病資料館のあらましとお願い  詳細を開く…

(再生時間7分15秒)


4. 目的・理念・求められる資料館像・機能
 目的  詳細を開く…

(再生時間54秒)
 理念  詳細を開く…

(再生時間1分2秒)
 求められる資料館像  詳細を開く…

(再生時間1分2秒)
 機能  詳細を開く…

(再生時間1分54秒)


5.利用案内・交通案内
 国立ハンセン病資料館の所在地は、〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13、電話番号は、042-396-2909/FAX番号は、042-396-2981です。  詳細を開く…

(再生時間2分38秒)


ご視聴について
 音声アナウンスは、ウェブアクセシビリティの日本工業規格「JIS X 8341-3:2010」に準拠し視覚障害などを持たれている方でも音声の視聴によりコンテンツの情報を受信できるよう配慮しております。