当館について intoroduction

組織図

組織図

当館は、ハンセン病回復者が自ら設立した博物館です。
ハンセン病患者・回復者が生きてきた証を収集・展示し、わたしたちの社会に同じ過ちがくりかえされないことを願って活動してきました。
現在は国立の施設となり、ハンセン病回復者等に対する国による名誉回復事業の一端をも担っています。
ご来館をきっかけに、病気がその人の姿かたちをどのように変えようとも、人は誰でも侵すことのできない永久の権利をもっていることについて改めて考えるとともに、「わたしは人を尊び、思いやる心をもっているだろうか」とご自身に問いかけていただければと願っております。

当館の組織図を記します。