展示 exhibition

常設展示

常設展示のご案内

 はじめに

 常設展示は、1階 「国立ハンセン病資料館のあゆみ」・導入展示、2階 展示室1「歴史展示」・展示室2「癩療養所」・展示室3「生き抜いた証」の順番になっています。

 国立ハンセン病資料館のあゆみ 詳細を開く…

国立ハンセン病資料館のあゆみ

 高松宮記念ハンセン病資料館の設立準備から開館後の活動に関する資料、および国立ハンセン病資料館のリニューアルを経て現在までの活動に関する資料を展示しています。
1、設立準備
2、高松宮記念ハンセン病資料館
3、らい予防法廃止
4、資料館拡充の契機
5、国立ハンセン病資料館

 導入展示 詳細を開く…

導入展示

導入展示では隔絶された療養所を象徴する資料を展示しています。
1、映写機
2、消防団団服
3、ホース車
4、コンクリート壁
5、ヒイラギの垣根
6、瀬溝

 展示室1 詳細を開く…

展示室1

日本のハンセン病をめぐる歴史を政策を中心に概観できます。
1、古代から近世まで
2、患者収容のはじまり
3、隔離の強化
4、化学療法と患者運動
5、らい予防法廃止と国家賠償請求訴訟

 展示室2 詳細を開く…

展示室2

治療薬ができる前の時代を中心に、療養所の中の患者がいかに過酷な状況下で生活していたのかを9つの側面から展示しています。
1、癩の「宣告」と収容
2、療養所の衣食住
3、癩の治療
4、患者作業
5、療養所内の秩序維持
6、結婚、断種、中絶
7、療養所の中の学校
8、社会の偏見
9、療養所の中の死

 展示室3 詳細を開く…

展示室3

過酷な状況にあってなお、生きる意味を求め、また生き抜いてきた患者・回復者の姿を展示しています。またご来館いただいた皆様が患者・回復者と共に生きていくために知っておいていただきたいことについても展示しています。
1、不治から可治へ
2、生きがいづくり
3、医療の進歩
4、日本のハンセン病療養所の今
5、いま海外のハンセン病は
6、共存・共生を目指して

 おわりに

当館の展示は一度ですべてを見終わることは難しいかもしれません。
何度も繰り返し、心にとまったところを中心にご覧いただければと思います。
この館を通じて、病気がその人の姿かたちをどのように変えようとも、人は皆、侵すことのできない永久の権利をもっていること、人は皆、人を敬い、いつくしむ心をもっていること、そして「私は人を尊び、思いやる心をもっているだろうか」とご自身の心に問いかける一助となることを願っております。

 特設展示コーナー(多磨全生園) 詳細を開く…

特設展示コーナー(多磨全生園)

地域の方々に、多磨全生園について知っていただくための展示コーナーです。
1、正門
2、土塁(どるい)と堀
3、収容門跡
4、監房(監禁室)跡
5、永代(ながよ)神社
6、旧図書館
7、望郷の丘
8、山吹舎
9、納骨堂