イベント event

企画展・ギャラリー展・特別展

企画展・ギャラリー展・特別展

2017年度秋季企画展のご案内

 隔離のなかの ―生きるために 悦びのために―

隔離のなかの食

・会 期:2017(平成29)年9月30日(土)~ 12月27日(水)

・会 場:国立ハンセン病資料館 企画展示室

・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)
             国民の祝日の翌日(土曜・日曜を除く)

・入館料:無料

 かつてのハンセン病療養所では、経費と人手の不足を補うために、入所者が食料生産、炊事、配食などの仕事をしていました。たとえ(くわ)を握る手が傷ついても、感覚を失った手に鍋や熱湯でやけどをしても、食に関わるさまざまな仕事に自分たちも携わらなければなりませんでした。その一方で、故郷へ帰る望みを絶たれ、徐々に進んでゆく障害への不安をかかえながら療養生活を送る入所者にとって、食事は大きな楽しみでもありました。そのため入所者たちは、食をめぐる環境を充実させるために、多くの努力を重ねてきたのです。

 戦後、医療と生活の改善を求める患者運動では食の向上が重要な課題となりました。入所者たちは食の仕事を(にな)う職員の配置や、体調と年齢に応じた献立の実現などを求め続けました。

 食材を外から仕入れ、調理や配食を職員が行うようになってからも、変化に乏しいくらしに彩りを添え、少しでも口に合うものを食べるために、自分好みの食膳を整えることもあります。また故郷から離れて集団生活を送る入所者にとって、食は生まれ育った土地や家族との食卓を思い出すよすがでもあります。

 本展では、療養所での食のしくみと、隔離のなかを生きるため、そしてささやかな(よろこ)びを作り出すための食をめぐる営みについてお伝えします。

隔離のなかの食 -生きるために 悦びのために-
ある日の献立(多磨全生園 1955年 館蔵)
ある日の献立(多磨全生園 1955年 館蔵)
食配作業(菊池恵楓園 1955年 館蔵) 男子一般舎での食事(東北新生園 1955年 館蔵)
食配作業(菊池恵楓園 1955年 館蔵) 男子一般舎での食事(東北新生園 1955年 館蔵)
食缶(邑久光明園 1950年代-1980年代 邑久光明園入所者自治会所蔵) 鉄鍋(菊池恵楓園 昭和初期-1950年代 菊池恵楓園入所者自治会所蔵)
食缶(邑久光明園 1950年代-1980年代 邑久光明園入所者自治会所蔵) 鉄鍋(菊池恵楓園 昭和初期-1950年代 菊池恵楓園入所者自治会所蔵)

企画展のちらしをダウンロードできます。(PDF:2,078KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。

付帯事業

ギャラリートーク
 (1)10/22()、(2)11/11()、(3)12/23()各回午後2時~ 約1時間

講演会 「ハンセン病療養所の食の現在 ―国立療養所邑久光明園から―」

 日 時 2017(平成29)年11月23日(木・祝日)14:00~15:30(13:30開場)
 会 場 国立ハンセン病資料館 1階 映像ホール
 講 師 桜井知子さん(元国立療養所邑久光明園栄養管理室長)
     川上佳子さん(国立療養所邑久光明園栄養管理室)
     井上 彩さん(国立療養所邑久光明園栄養管理室)
 定 員 150名(事前申し込み不要 先着順)
 参加費 無料

 ハンセン病療養所で暮らす回復者の平均年齢は、およそ85歳。隔離が解かれた後も、高齢に加えてハンセン病の後遺症などさまざまな理由で、外出などが難しくなってきています。
 そうしたなかでの毎日の楽しみのひとつが「食」です。美味しいものを味わい、香りを楽しみ、会話を弾ませることは、大きな悦びなのです。そのため各療養所では、より豊かな食の提供を目指してさまざまな試みがなされています。
 今回は、国立療養所邑久光明園(岡山県瀬戸内市)の栄養士の皆様をお招きし、現在の邑久光明園の取り組みなどを中心にお話いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

隔離のなかの食 -生きるために 悦びのために-
写真提供 国立療養所邑久光明園 栄養管理室 写真提供 国立療養所邑久光明園 栄養管理室 写真提供 国立療養所邑久光明園 栄養管理室
写真提供 国立療養所邑久光明園 栄養管理室

企画展付帯事業のちらしをダウンロードできます。(PDF:3,301KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。