イベント event

企画展・ギャラリー展・特別展

企画展・ギャラリー展・特別展

2019年度秋季企画展のご案内音声読み上げソフト用ページはこちら

 『望郷の丘』 -盲人会が遺した多磨全生園の歴史-

ハンセン病,望郷の丘

  • 会期:2019年9月28日(土)から12月27日(金)まで
  • 会場:当館2階企画展示室
  • 開館時間:午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
  • 休館日:月曜および国民の祝日の翌日(ただし、10月14日、11月4日、11月24日は開館)
  • 入館料:無料

 国立療養所多磨全生園入所者の視覚障がい者の団体である多磨盲人会は、1979年に『望郷の丘』を出版しました。この本は、盲人会の創立20周年を機会として「多磨全生園の70年にわたる歴史を背景に、盲人を、盲人会を語ることの必要性」から、4年の歳月をかけ編纂(へんさん)されたもので、晴眼者を含めた35名の証言が収録されています。
 ここには、今や知ることが難しい第一区府県立全生病院時代の患者とその生活、隔離のなかでの「自治」の模索、戦後の入所者自治会や全国組織である全癩(らい)患協(現全療協)の誕生とそれに続く運動などが語られています。また、視覚障がいのために療養所の中でもさらに「弱い立場」とされた人々が、どのような思いでその時々を生きてきたのかや、職員や療養所の外の人々との関わりが、当事者自身の視点から描かれています。本書は療養所の中を知り、同時に当時の社会を捉えることができる貴重な証言集となっているのです。
 今回の企画展では、この『望郷の丘』に収められている証言を基として、多磨全生園の歴史を視覚障がい者を含め患者・回復者はいかに歩んできたのか、資料や写真を用いご紹介いたします。彼らの過去の暮らしや営みを知ることは、本年9月28日に開院から110年を迎える同園の、今後のありかたを考えていくためにも大きな意味があります。本展が多磨全生園の歴史と、そこに生きた人々への理解を深めていただく機会となれば幸いです。

>ハンセン病
ハンセン病患者作業ー盲人の洗濯作業
大正期 全生病院(現 多磨全生園)館蔵
ハンセン病将棋盤
1969年 多磨全生園 館蔵
ハンセン病看護切替資料
1957-1976年 多磨全生園 多磨盲人会蔵

企画展のちらしをダウンロードできます。(PDF:3,551KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。


企画展関連事業:いずれも参加無料、事前申し込み不要、先着順

多磨盲人会元職員が語る盲人会-吉野志げ子さん・亀井義展(よしひろ)さんをお招きして
  • 日時:10月22日(火・祝)14時から15時30分まで(13時30分開場)
  • 場所:当館1階映像ホール 先着130名

やってみよう、鈴ボール!盲人会のレクリエーションを体験
  • 日時:11月2日(土)
  • 場所:当館1階研修室

フィールドワーク『 望郷の丘』に描かれた多磨全生園を巡る
  • 各回先着30名 荒天時中止の場合あり
  • 日時:10月5日(土)、11月24日(日)、12月14日(土)いずれも14時から15時まで
  • 場所:多磨全生園内 開始10分前までに当館1階ロビーにお集まりください

ギャラリートーク
  • 日時:9月28日(土)、10月27日(日)、11月16日(土)、12月22日(日)
    いずれも14時から14時30分まで
  • 場所:当館2階企画展示室