イベント event

企画展・ギャラリー展・特別展

企画展・ギャラリー展・特別展

2018年度春季企画展のご案内

 この場所を照らすメロディ ―ハンセン病療養所の音楽活動―

 ”ハーモニカは私の人生を素晴らしいものにしてくれました。”
                            「青い鳥楽団」バンドマスター、近藤宏一(長島愛生園)

この場所を照らすメロディ

・会 期:2018(平成30)年4月28日(土)~ 7月31日(火)

・会 場:国立ハンセン病資料館 企画展示室

・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)
             国民の祝日の翌日(祝日の場合は開館)、館内整理日

・入館料:無料

 ハンセン病療養所では、病気、障害、隔離という過酷な状況にあって、音楽に生きがいを見出した入所者がたくさんいました。そこで今回の企画展は、療養所における音楽活動をご紹介します。具体的には、病気や障害とたたかいながら情熱を注いだ楽団活動、心の底から仲間と楽しむカラオケ、なつかしい故郷を思い出す民謡、この3つを取り上げます。展示する資料は、全国の療養所に保存されていた楽器、楽譜、衣装、プログラム、発表会や練習の写真などです。

 隔離のなかで入所者が音楽に注いだ情熱と、生きる力や慰めを与え、差別をこえて人びとを結びつける音楽の力を感じてください。

この場所を照らすメロディ ―ハンセン病療養所の音楽活動―
この場所を照らすメロディ
「青い鳥楽団」(長島愛生園)
この場所を照らすメロディ

企画展のちらしをダウンロードできます。(PDF:3,753KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。


付帯事業


国立ハンセン病資料館 古典・民謡コンサート

 日 時 2018(平成30)年7月8日()13時30分開演(13時開場)15時30分閉演予定
 会 場 国立ハンセン病資料館 1階 映像ホール
 出演者 仲里 朝篤   (三線野村流師範、沖縄愛楽園)
     小底 京子   (琉球箏曲興陽会師範、沖縄愛楽園)
     星塚三線同好会 (星塚敬愛園) 
     おもだか 秋子 (ビクター専属民謡歌手、津軽三味線澤田流 澤田勝女)
 定 員 130名(事前申し込み不要 先着順)
 参加費 無料



春季企画展のギャラリートークを以下の日程で行っております。

【5月】3日(祝)、4日(祝)、13日(日)、19日(土)
【6月】2日(土)、24日(日)
【7月】14日(土)、28日(土)
※いずれも14時から30分~40分程度

ギャラリートーク
 会期中の上記の日程にて、学芸員によるギャラリートークを開催しております。
 
 内容は、ごあいさつにかえて、近藤宏一さんのウェルズリー・ベイリー賞授賞式スピーチの解説から始まり、楽団に集まった入所者たちが音楽に注いだ情熱、入所者の生きがいでもあったカラオケ、故郷を偲ぶ大切なメロディといえる民謡、最後に思い出が刻まれたメロディとして「千の風になって、浜千鳥、あゝ上野駅、ふるさと」についての解説を行いました。
 
 大勢のお客様にご参加いただきました。ありがとうございました。

ごあいさつ
「楽団」コーナーの解説
「楽団」コーナーの解説
「楽団」コーナーの解説
「民謡」コーナーの解説
「カラオケ」コーナーの解説
「思い出が刻まれたメロディ」の解説 謝辞