イベント event

2019年度ギャラリー展|太田明(おおたあきら)写真展

ギャラリー展

太田明(おおたあきら)写真展

ハンセン病
「復興ねぶた」(2016年、熊本市)
・日程:2019(令和元)年5月30日(木)~6月12日(水)
・時間:9時30分~16時30分(最終入館16時00分)
・休館日:毎週月曜日
・会場:国立ハンセン病資料館 1階ギャラリー

 太田明さん(1943年生まれ)は、国立療養所菊池恵楓園在住。現在、同園入所者自治会副会長です。
 本展では、長らく菊池恵楓園のカメラ会代表として、園内の文化活動をけん引して来られた太田さんの近年の作品約20点をご覧いただきます。療養所の風景はもとより、2016年の熊本地震による被災からなお復興途上にある地域の様子や、色彩豊かな伝統的祭礼などを活写しています。

 会期中の6月8日(土)には、当館で開催中の春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」にあわせて、太田明さんによる講演会「金陽会の作家たち、その素顔」も行います。

 皆様のご来館をお待ちしています。

ギャラリー展のちらしをダウンロードできます。(PDF:1,152KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。