イベント event

2019年度ギャラリー展|追悼 高山勝介作陶展

ギャラリー展

追悼 高山勝介作陶展のご案内

会期 2019(令和元)年8月3日(土)~8月23日(金)
開館時間 午前9時半~午後4時半(入館は午後4時まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日(8月13日は休館)
会場 国立ハンセン病資料館 1階ギャラリー
観覧料 無料


「追悼 高山勝介作陶展」のご案内
 高山勝介さん(1926~2018)は19歳にハンセン病を発病し、1946(昭和21)年に多磨全生園に入所しました。入所後、様々な患者作業に就き、畑仕事や秋津教会での宗教活動に取り組んでいましたが、1979(昭和54)年頃ハンセン病の症状によって急激に視力が低下し、失明しかける経験をします。大きく落ち込んだ高山さんですが、立ち直るきっかけとなったのが友人の勧めで始めた陶芸でした。以後、30年以上に渡って作陶活動を続けます。2011(平成23)年2月11日~3月6日には当館ギャラリーにおいて「2010年度企画展高山勝介作陶展」を開催させていただきました。
 2019(令和元)年8月3日は高山さんが亡くなられて1年にあたります。本ギャラリー展では、生前に当館に寄贈していただいた陶芸作品を展示します。高山さんを偲ぶと共に、生きがいであった作陶活動について考える機会といたします。ぜひご来館ください。