イベント event

2016年度春季企画展

過去のイベント

2016年度春季企画展のご案内

 「らい予防法」をふりかえる

・会 期:2016(平成28)年4月29日(金)~ 7月31日(日)

・会 場:国立ハンセン病資料館企画展示室

・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日の翌日(祝日の場合は開館)、館内整理日

・入館無料

 2016(平成28)年は、「らい予防法」廃止20 周年にあたる年です。これにあわせ、国立ハンセン病資料館では、「らい予防法」そのものを取り上げた企画展を開催します。
 本企画展は、「らい予防法」がどのような法律だったのか、なぜ廃止は遅れたのか、どのような経緯で廃止に至ったのか、回復者・関係者は「らい予防法」とその廃止をどのように評価したのかといった観点から、「らい予防法」の誤りを再確認しようとするものです。
 法律を対象とするため、法文や解説についてのパネルが主な展示資料となりますが、「らい予防法」等の御署名原本(国立公文書館所蔵、特別展示期間)、「らい予防法」をテーマとした文芸作品、回復者・関係者が「らい予防法」について語った映像資料なども展示します。
 この機にもう一度「らい予防法」をふりかえることで、その誤りについての認識を新たにしていただければ幸いです。


新しい特別展示のお知らせ

 当初、6月22日(水)~7月31日(日)の期間に予定していた特別展示は、下記の通り期間と資料を変更し、国立公文書館から原本をお借りして展示することになりました。
ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

7月20日(水)~7月31日(日)
・「癩予防ニ関スル件・御署名原本・明治四十年・法律第十一号」
・「明治四十年法律第十一号(癩予防ニ関スル件)ヲ癩予防法ト改題シ同法中改正(勅令第百八十号参看)
  ・御署名原本・昭和六年・法律第五八号」
・「らい予防法・御署名原本・昭和二十八年・法律第二一四号」
・「ハンゼン氏病法〈草案〉」


付帯事業のお知らせ

講演会:「全患協と共に歩んだ「らい予防法廃止」への道のり」
講 師:長田浩志氏(厚生省保健医療局エイズ結核感染症課企画法令係長【当時】)
日 時:2016年7月24日(日)14時~(13時30分開場)
場 所:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
入 場:無料
定 員:150人まで(当日先着 事前申込不要)

講演会
 7月24日(日)午後2時から、長田浩志氏(厚生省保健医療局エイズ結核感染症課企画法令係長【当時】)による「全患協と共に歩んだ「らい予防法廃止」への道のり」に関する講演会が行われ大勢の方々にご参加いただきました。

企画展のちらしをダウンロードできます。(PDF:1,040KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。