イベント event

貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡

貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡のご案内


ハンセン病,貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡

開催情報

日時 2019年3月30日(土)13時30分~15時00分(開場13時00分)
会場 国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
内容 13時30分~13時40分 ごあいさつ
13時40分~14時10分 「アリランの会」の軌跡 映像上映
14時20分~15時00分 金順子氏らによる韓国舞踏公演
入場 無料
定員 130名様(事前予約不要、当日先着順)

石香 金順子(キム スンジャ)氏 プロフィール
韓国伝統舞踊家・金順子韓国伝統芸術研究院主宰・韓国国家指定無形文化財第92号・太平舞保存会 日本東京支部長
宮城県生まれの在日2世。18歳より本格的に韓国文化芸術活動に取り組み、50年以上、国内外で数々の公演を精力的に行ってきた。2005年、韓国民族文化芸術大賞受賞。

貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡のちらしをダウンロードできます。(PDF:1,419KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。