見学のご案内 guidance

第22回ハンセン病体験講話(2018年11月24日)

 ハンセン病体験講話 ~ハンセン病回復者の体験談を聞いてみませんか?~

ハンセン病体験講話

~ハンセン病回復者の体験談を聞いてみませんか?~

 第22回ハンセン病体験講話
 2018年11月24日(土)14:00~15:00 常設展示室・展示室1



 講話者:富岡 克行(とみおか かつゆき)さん

  • 1948(昭和23)年6月3日生まれ。群馬県出身。
  • 小学校5年生頃発病し、1961(昭和36)年多磨全生園に入所。
  • 1965(昭和40)年邑久高校新良田教室に11期生として入学。
  • 卒業後長島愛生園での治療を経て、1971(昭和46)年頃に多磨全生園へ再入所。
  • その後12年間ほど多磨全生園入所者自治会の書記や中央委員を務める。
  • その間に当時の若い回復者とソフトボールチームを結成し、園外のチームと対戦。将棋も趣味として始め、各療養所の棋士と交流する。
  • 社会復帰を目指して陶芸も始め、各地の展覧会に出品。個展も開く。20年程公民会で指導する。
  • 現在は将棋会会長、どんぐり会(カラオケサークル)会長を務める。
  • 今回は常設展示を見ながらご自身の体験をお話しする。



 問い合わせ先

 国立ハンセン病資料館事業部事業課
 担当:田代

 〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13
 TEL:042-396-2909
 FAX:042-396-2981