バックナンバー

第17号(2013年05月02日)

お知らせメールバックナンバー(2013年05月02日)

バックナンバーリスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━                                 ━
━   ◆ 国立ハンセン病資料館お知らせメール ◇ 第17号 ◆  ━
━                                 ━
━                          2013/05/02発行━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。国立ハンセン病資料館です。

 当お知らせメールは不定期発行です。ご愛読よろしくお願いします。

 * このお知らせメールは等幅フォントでご覧ください。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 今 号 の 目 次 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 ■ 国立ハンセン病資料館最新情報
    新着情報・・・2013年度春季企画展
            一遍聖絵(いっぺんひじりえ)・極楽寺絵図
             にみるハンセン病患者
              ―中世前期の患者への眼差しと処遇―
                             のお知らせ

           2013年度春季企画展 付帯事業 講演会のお知らせ

 ※開館日については、こちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/09guide/calender2013.html#201305

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★ 国立ハンセン病資料館最新情報 ★         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 新着情報

 ■ 2013年度春季企画展
    一遍聖絵(いっぺんひじりえ)・極楽寺絵図にみるハンセン病患者
      ―中世前期の患者への眼差しと処遇―のお知らせ ■

  ハンセン病と日本人との関わりは古く、『日本書記』に「白癩(びゃく
 らい)」の記述をみることができます。古代から近世までのハンセン病へ
 の認識は、感染する病、仏罰による病、「けがれ」た病、家筋・家柄が原
 因というように変化しなおかつ重なりあっていました。
  そうしたなかで、患者たちは、罪深い者、業を負った者として社会の底
 辺におかれてきました。なぜこの病気を患った人が、ひどい差別を受ける
 ようになったのか、近代における「癩(らい)」対策がなぜ誤ってしまっ
 たか、その源を知るためにも、前近代に関する調査・研究も、私たちは継
 続しなければなりません。
  しかしながら、近代日本が国策として「癩(らい)」対策事業を始める
 以前は、ハンセン病およびその患者が歴史の表舞台に現れることは少なく
 、史資料も断片的で各時代の差別・偏見の実相を窺い知ることはなかなか
 困難です。
  そのような乏しい史資料にあって、中世前期(鎌倉時代)には、ほぼ同
 時代を生きた一遍・忍性に関連する事跡のなかに、「癩者(らいしゃ)」
 を含む当時「非人」として総称された被差別民のあり様について垣間見る
 ことができる情報が遺されています。
  そこで本展覧会は、日本前近代史におけるハンセン病についてとりあげ
 る端緒として、中世前期の人々のハンセン病患者への眼差し、そして患者
 の社会のなかでの処遇について、一遍聖絵・極楽寺絵図を観ることによっ
 て、差別の実相を窺う手がかりを見いだしたいと考えています。

  会  期:2013年5月11日(土)~8月11日(日)
  会  場:国立ハンセン病資料館 企画展示室
  入 館 料:無料
  開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
  休 館 日:月曜日(月曜日が祝日の場合は次の日)、館内整理日

  詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/07exhibition/07exhibition.html

 ■ 2013年度春季企画展 付帯事業 講演会のお知らせ ■

  会期中に田中密敬氏(真言律宗極楽寺住職)、遠山元浩氏(時宗総本山
 遊行寺宝物館学芸員)をお招きしての講演会を予定しています。

 講演者:田中密敬氏(極楽寺住職)
 内 容:忍性上人の事跡と極楽寺絵図の世界(仮)
 日 時:2013年6月1日(土) 午後2時より
 会 場:国立ハンセン病資料館 1階映像ホール
 定 員:150人(予約不要・先着順、入場無料)

 講演者:遠山元浩氏(遊行寺宝物館学芸員)
 内 容:一遍聖絵の世界と病者への眼差し(仮)
 日 時:2013年7月27日(土) 午後2時より
 会 場:国立ハンセン病資料館 1階映像ホール
 定 員:150人(予約不要・先着順、入場無料)

  詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/07exhibition/07exhibition.html

----------------------------------

  最後までお読みいただきありがとうございました。
  皆様のご来館をお待ちしております。

 国立ハンセン病資料館ホームページ>>> http://www.hansen-dis.jp/

----------------------------------

 配信解除・配信先変更については、こちらのホームページからお願いしま
 す。
 https://www3.jsf.or.jp/hansen-dis/mail/

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
┘                                 ┘
┘ 発行者:国立ハンセン病資料館 お知らせメール係         ┘
┘    〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13       ┘
┘                                 ┘
┘ ※ このお知らせメールの回覧・転送は自由です。内容の引用・転  ┘
┘  載の際には、「国立ハンセン病資料館 お知らせメール 第何号  ┘
┘  の***の記事」と注釈をいれてください。           ┘
┘  なお、お知らせメールで参照しているWebサイトのすべての画  ┘
┘  像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作権者の  ┘
┘  許可なく使用・転載することはできません。           ┘
┘                                 ┘
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

バックナンバーリスト