バックナンバー

第29号(2014年04月09日)

お知らせメールバックナンバー(2014年04月09日)

バックナンバーリスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━                                 ━
━   ◆ 国立ハンセン病資料館お知らせメール ◇ 第29号 ◆  ━
━                                 ━
━                           2014/04/9発行━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。国立ハンセン病資料館です。

 当お知らせメールは不定期発行です。ご愛読よろしくお願いします。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 今 号 の 目 次 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 ■ 国立ハンセン病資料館最新情報

    新着情報・・・「資料館だより 第83号(季刊)」発行のお知らせ

           2014年度春季企画展
            不自由者棟の暮らし
             ―ハンセン病療養所の現在―   のお知らせ

 ※開館日については、こちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/09guide/calender2014.html#201404

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★ 国立ハンセン病資料館最新情報 ★         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 新着情報

 ■ 「資料館だより 第83号(季刊)」発行のお知らせ ■

  国立ハンセン病資料館では、当資料館に関わりのある出来事を小冊子に
 まとめてご案内する「資料館だより」を発行しています。今月1日に「資
 料館だより 第83号(季刊)」を発行しましたので、是非ご覧下さい。
  「資料館だより 第83号(季刊)」の掲載記事は以下のとおりです。

  ●「重監房を考える」シンポ群馬県前橋市で開催
  ●中国のハンセン病回復者 林志明さんの書画作品展
  ●各園文書資料・予備本調査 今年も施設、自治会、盲人会で
  ●在園保障作業部会 職員定員化問題の解決を
  ●「不自由者棟の暮らし」ハンセン病療養所の現在 春季企画展
  ●入館者30万人に到達
  ●韓国にハンセン病博物館建設予定 小鹿島関係資料調査に来館
  ●来館者の声
  ●ハンセン病市民学会 草津で開催
  ●春間近か 雪の中で紅梅満開

 資料館だよりは、こちらからダウンロードすることができます。
 http://www.hansen-dis.jp/17tayori/17tayori.html

 ■ 2014年度春季企画展
     不自由者棟の暮らし
       ―ハンセン病療養所の現在―のお知らせ ■

  ハンセン病療養所では入所者の家は一般寮(健康舎)と不自由者棟(セン
 ター)に分かれています。その内、不自由者棟では後遺症の悪化や合併症、
 高齢化などに伴って介護を必要とする入所者が暮らしています。少しだけ職
 員の手を借りればあとは自分で生活ができる人から、食事・排泄などすべて
 において介助を必要としている人まで不自由度はさまざまです。そして、職
 員は、日常生活の援助を行い、レクリエーション等を通じて単調になりがち
 な暮らしに刺激を与えようと働いています。不自由者棟とは、どんなに不自
 由になっても懸命に生きている人が暮らし、それを支える人々が働き、その
 ための環境を備えている場所なのです。
  かつてハンセン病療養所では不自由舎(現在の不自由者棟)の看護と介護
 を患者が行っていました。それを職員に切り替えるため、1964年の六・五闘
 争など入所者たちは長年にわたる運動を行いました。その成果として、介護
 の職員化、雑居だった部屋の個室化、設備の改善などを勝ちとってきました。
 一見非常に整った環境のように見える今日の不自由者棟ですが、こうなるま
 でには入所者の大きな努力が払われてきたのです。
  ハンセン病療養所の入所者の平均年齢は80歳を越え、今後ますます多くの
 人が不自由者棟へ移動すると考えられます。入所者にとって最期を迎える場
 になりつつあり、その重要性はよりいっそう増していくでしょう。
  不自由者棟とその入居者について知ることは、歴史を踏まえて現在のハン
 セン病回復者や療養所への認識を深め、さらには将来への展望を考えるきっ
 かけになるはずです。本展では六・五闘争から50年目にあたる今年、あまり
 知られていない不自由者棟の中の様子をお伝えします。皆様のご来館をお待
 ちしています。

  会  期:2014(平成26)年4月26日(土) - 7月27日(日)
  開館時間:9:30~16:30 (入館は16時まで)
  休 館 日:月曜日(月曜日が祝日の場合は次の日)、館内整理日
  会  場:国立ハンセン病資料館2階 企画展示室

  入 館 料:無料

  会期中付帯事業を行います。詳細は下記HPでご報告します。

  詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/07exhibition/07exhibition_2014spring.html

----------------------------------

  最後までお読みいただきありがとうございました。
  皆様のご来館をお待ちしております。

 国立ハンセン病資料館ホームページ>>> http://www.hansen-dis.jp/

----------------------------------

 配信解除・配信先変更については、こちらのホームページからお願いしま
 す。
 https://www3.jsf.or.jp/hansen-dis/mail/

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
┘                                 ┘
┘ 発行者:国立ハンセン病資料館 お知らせメール係         ┘
┘    〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13       ┘
┘                                 ┘
┘ ※ このお知らせメールの回覧・転送は自由です。内容の引用・転  ┘
┘  載の際には、「国立ハンセン病資料館 お知らせメール 第何号  ┘
┘  の***の記事」と注釈をいれてください。           ┘
┘  なお、お知らせメールで参照しているWebサイトのすべての画  ┘
┘  像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作権者の  ┘
┘  許可なく使用・転載することはできません。           ┘
┘                                 ┘
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

バックナンバーリスト