バックナンバー

第57号(2017年4月5日)

お知らせメールバックナンバー(2017年4月5日)

バックナンバーリスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━                                 ━
━   ◆ 国立ハンセン病資料館お知らせメール ◇ 第57号 ◆  ━
━                                 ━
━                          2017/04/05発行━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。国立ハンセン病資料館です。

 当お知らせメールは不定期発行です。ご愛読よろしくお願いします。

 * このお知らせメールは等幅フォントでご覧ください。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 今 号 の 目 次 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 ■ 国立ハンセン病資料館最新情報
    新着情報・・・2017年度春季企画展
            ハンセン病博物館へようこそ のお知らせ

 ※開館日については、こちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201704

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★ 国立ハンセン病資料館最新情報 ★         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 新着情報

 ■ 2017年度春季企画展
    ハンセン病博物館へようこそ のお知らせ ■

  近年、全国の国立ハンセン病療養所では、社会交流会館の設置が相次いで
 います。これは療養所が、資料や史跡の保存、展示や講演を中心とした普及
 啓発、地域との交流等に力を入れていこうとしていることの表れです。
  一方、すでに長い活動実績がある社会交流会館や、元私立療養所の記念館、
 国立の資料館も存在しています。こうした博物館施設の数は、今や14館にの
 ぼります。それぞれ療養所の成り立ちや生活や文化を中心に、特色のある活
 動を展開しています。療養所には固有の歴史があり、それらを残し社会に伝
 えるこうした施設の存在意義は、非常に大きなものがあります。
  今回の企画展では、各療養所の歴史への理解が深まり、資料や史跡の保存、
 普及啓発、地域との交流等の取組みが進むことを願って、全国の博物館施設
 を紹介します。ぜひ実際に足を運んでみてください。

  会  期:2017(平成29)年4月29日(土)~7月30日(日)
  会  場:国立ハンセン病資料館 企画展示室
  開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
  休 館 日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、
       国民の祝日の翌日(祝日の場合は開館)、館内整理日
  入  館:無料

 ■ 付帯事業のお知らせ ■

 スタンプラリー
  今回紹介する13館と当館の中から2種類のスタンプを集めた方に、景品を贈
  呈します。
  スタンプを押したハガキを当館までお送りください。開催期間は2018年3月
  31日まで。

 各館の活動報告
  各館の担当者から、館の特徴や活動についてご報告いただきます。
  詳細は当館HPにてお知らせします。

  詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.hansen-dis.jp/02exb/exhibition

----------------------------------

  最後までお読みいただきありがとうございました。
  皆様のご来館をお待ちしております。

 国立ハンセン病資料館ホームページ>>> http://www.hansen-dis.jp/

----------------------------------

 配信解除・配信先変更については、こちらのホームページからお願いしま
 す。
 http://www.hansen-dis.jp/00oth/mail

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
┘                                 ┘
┘ 発行者:国立ハンセン病資料館 お知らせメール係         ┘
┘    〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13       ┘
┘                                 ┘
┘ ※ このお知らせメールの回覧・転送は自由です。内容の引用・転  ┘
┘  載の際には、「国立ハンセン病資料館 お知らせメール 第何号  ┘
┘  の***の記事」と注釈をいれてください。           ┘
┘  なお、お知らせメールで参照しているWebサイトのすべての画  ┘
┘  像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作権者の  ┘
┘  許可なく使用・転載することはできません。           ┘
┘                                 ┘
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

バックナンバーリスト