バックナンバー

第91号(2019年6月28日)

お知らせメールバックナンバー(2019年06月28日)

バックナンバーリスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立ハンセン病資料館お知らせメール第91号(2019/6/28発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。国立ハンセン病資料館です。
当お知らせメールは不定期発行です。ご愛読よろしくお願いします。

┘┘┘ 国立ハンセン病資料館最新情報 今号の目次 ┘┘┘

■ 【開催中】2019年度春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」
  「付帯事業」学芸員による企画展ギャラリートークと金陽会絵画館蔵品展

■ 「講演会」報道マンに訪れた“人間回復”~ハンセン病回復者との出会いから~

■ 【募集中】2019年「ハンセン病と人権」夏期セミナー

■ 【募集中】2019年度 第3回 夏休み自由研究 応援企画

■ 映画上映会「ふたたび」

■ 学芸員による展示解説

■ ガイダンス映像・語り部講演映像の上映スケジュール

■ 施設貸し出しによるイベント開催情報

※開館日については、こちらをご覧ください。
http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201907

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立ハンセン病資料館最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【開催中】2019年度春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」

 “生きるため、描き続けた。”

 全国のハンセン病療養所の絵画サークルのなかで、高い評価を得てきた九州・菊池恵楓園の金陽会。
 極度に制約された人生を強いられながら、描くことに生きがいを見つけた10人の作家たち。彼らの作品展を東京で初開催いたします。

・会期:2019年4月27日(土)~ 7月31日(水)
・会場:国立ハンセン病資料館 2F 企画展示室
・時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・休館日:月曜および「国民の祝日」の翌日(ただし、月曜が祝日の場合は開館)
・入館料:無料

「付帯事業」関連イベントのお知らせ

(第5弾 学芸員による企画展ギャラリートーク)
 春季企画展「菊池恵楓園・金陽会」の展示解説を開催します。
・2019年7月6日(土)第7回 14:00~14:30
・2019年7月14日(日)第8回 14:00~14:30(館蔵資料)
・2019年7月15日(月・祝)第9回 11:00~11:30(館蔵資料)
・2019年7月31日(水)第10回 14:00~14:30
・会場:2F企画展示室/入場無料/申込不要

(第6弾 金陽会絵画 館蔵品展)
当館所蔵の金陽会絵画を3日間限定で公開いたします。この機会をお見逃しなく!
・2019年7月13日(土)~7月15日(月)

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/exhibition

■ 「講演会」報道マンに訪れた”人間回復”~ハンセン病回復者との出会いから~

・日時:2019年6月30日(日)13時30分~15時15分(13時開場)
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
・講師:小川秀幸氏(三重テレビ放送報道制作局長)
・小川秀幸氏プロフィール:
 長島愛生園を中心に15年以上ハンセン病回復者の取材を続ける
 ・第52回ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞(2014年度)
  ※ハンセン病に対する差別解消に向けた報道で受賞
 ・第54回ギャラクシー賞テレビ部門選奨(2016年度)
  ※「大ちゃんと為さん~あるまちの風景~」で受賞
 ・著書に『かけはし~ハンセン病回復者との出会いから~』(近代文芸社)
※入場無料(事前申し込み不要、先着130名)
※「大ちゃんと為さん~あるまちの風景~」の一部上映を行います

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/lecture20190630

■ 【募集中】2019年「ハンセン病と人権」夏期セミナー

・日時:2019年7月26日(金)10:00~16:15(9:30より受付開始)
・場所:国立ハンセン病資料館(1F映像ホール、2F展示室など)
・対象:主として教員、人権担当者(※一般の方も受け付けています)
・定員 50名(お申し込み順)
・参加費:無料
 ※資料館周辺に食事の施設はありません。昼食は、各自でご用意いただき、館内でおとりいただくことをおすすめいたします。近隣にコンビニと多磨全生園内にレストラン「なごみ」があります
・主催:国立ハンセン病資料館(駐車場あります)
・お申し込み:下記ホームページからお申し込みください
 http://www.hansen-dis.jp/privacy_summer_seminar

 ※7月25日(木)は夏期セミナーにお申し込みいただいた方向けのオプションで13時半から15時まで多磨全生園見学ツアーを行います。
・連絡先:国立ハンセン病資料館事業部社会啓発課(大高、金)
・内容:DVD上映「ハンセン病を知っていますか」、講義「ハンセン病問題から学ぶこと」、「ハンセン病と人権」、資料館見学などです。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/society/summer_seminar

■ 【募集中】2019年度 第3回 夏休み自由研究 応援企画

1)7月27日(土)多磨全生園のフォトブックを作ろう
 多磨全生園の昔の写真と同じ場所で今の写真を撮り、説明文をつけて、世界でひとつだけのフォトブックを作ってみよう!
・開催日:7月27日(土)9:30-16:30(荒天の場合は8月18日(日)に順延)
・場所:国立ハンセン病資料館、国立療養所多磨全生園
・人数:小学校4~6年生 児童10名まで(保護者同伴可)
・持ち物:デジタルカメラ、お昼ご飯、飲み物、帽子、虫よけ
・参加費:無料

2)8月4日(日)回復者へインタビュー!記者になってみよう
 ハンセン病の回復者からお話を聞いたり質問したり、記者になってインタビューしてみませんか。壁新聞や作文、絵日記のアイデアが見つかるかもしれないよ。
・開催日:8月4日(日)13:00-15:30
・場所:国立ハンセン病資料館 1F 研修室
・人数:小学校4~6年生 児童20名まで(保護者同伴可)
・持ち物:飲み物
・参加費:無料

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/summer_workshop

■ 映画上映会「ふたたび」

 50年ぶりにハンセン病療養所を退所し、仲間と再会するための旅に出た元ジャズ・トランぺッターと孫との姿を、往年のジャズナンバーと共に描く心温まるロードムービー。監督:塩屋俊 出演:鈴木亮平、財津一郎他。2010年制作。

・会期:2019(令和元)年8月17日(土)
・第1回上映:10時00分~12時00分(9時30分開場)
・第2回上映:13時00分~15時00分(12時30分開場)
・国立ハンセン病資料館 1F映像ホール/入場無料/申込不要
・各回先着140名

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/screening20190817

■ 学芸員による展示解説

・日程:6月29日(土)10:30~12:00、7月20日(土)14:00~15:30、7月21日(日)10:30~12:00
・所要時間:約1時間半(事前予約なし、参加無料です)
・内容:常設展示室1,2,3の展示解説を行います。

 スケジュールはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201907

■ ガイダンス映像・語り部講演映像の上映スケジュール

 国立ハンセン病資料館が制作したガイダンス映像を、当館映像ホールにて上映しています。どなたでもご覧いただけます。

・日程:7月7日(日)語り部講演映像、7月14日(日)語り部講演映像、7月15日(月・祝日)ガイダンス映像、7月28日(日)語り部講演映像、7月30日(火)ガイダンス映像
・時間:10時00分から16時00分(事前予約なし、参加無料です)
・内容:ガイダンス映像「柊の向こう側」および「ハンセン病を知っていますか?」と語り部講演映像「佐川 修(さがわおさむ)さん」および「平沢 保治(ひらさわやすじ)さん」

「柊の向こう側~ハンセン病患者・回復者の歩み~」(日本語字幕つき 約40分)
 日本の隔離政策の歴史と療養所での過酷なくらし、そして患者・回復者による人権回復のあゆみについて、インタビュー映像とともにお伝えします。

「ハンセン病を知っていますか?」(日本語字幕つき 約15分)
 ハンセン病とはどんな病気か、症状や後遺症は日常生活にどのような影響があるのか、などについてコンパクトにまとめています。

「佐川修(さがわおさむ)さん語り部講演映像」(日本語字幕つき 約35分)
 語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民に語りかける場として設けられました。この映像は佐川修さんによる中学生を対象にした講演を収録したものです。

「平沢保治(ひらさわやすじ)さん語り部講演映像」(日本語字幕つき 約30分)
 語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民に語りかける場として設けられました。この映像は平沢保治さんによる中学生を対象にした講演を収録したものです。

 スケジュールはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201907

■ 施設貸し出しによるイベント開催情報

1)川田淳個展「石山さん」

・会期:2019年6月15日(土)~7月2日(火)10時00分~16時00分
・会場:国立ハンセン病資料館 1F ギャラリー
・主催:川田淳
・入場:無料
・内容:本展では約45分の映像作品が御覧頂けます。50分程でループ再生されております。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/05flr/20190615event

2)ハンセン病を正しく理解する講演会2019

・会期:2019年7月6日(土)14時00分~16時00分
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
・主催:公益社団法人好善社
・入場:無料
・講演:「ハンセン病家族訴訟が問いかけるもの」
・講師:徳田靖之さん(ハンセン病家族訴訟弁護団共同代表)

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/05flr/20190706event

3)ハンセン病回復者と話しませんか

・会期:2019年7月6日(土)13:00~16:00
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 研修室
・主催:ハンセン病回復者と話す会
・入場:無料
・内容:7月例会は、14時から国立ハンセン病資料館映ホールで開かれる好善社主催の講演会「ハンセン病家族訴訟が問いかけるもの」(講師:徳田靖之さん)を聴きたいという意見もあり、今回に限り、例会は13時から13時55分までとし、14時から上記講演を聴くことにします。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/05flr/20190706event-2

4)「ある精肉店のはなし」上映会

・会期:2019年8月10日(土)13:00~16:00
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
・主催:多磨全生園入所者自治会、特定非営利活動法人(NPO)東村山活き生きまちづくり
・後援:東村山市・国立ハンセン病資料館
・入場:無料、但し先着120人
・内容:国立療養所多磨全生園創立110周年・特定非営利活動法人(NPO)東村山活き生きまちづくり創立10周年記念事業「講演(纐纈(はなぶさ)あや監督)とドキュメンタリー映画会」
「ある精肉店の話」上映会を開催します。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/05flr/20190810event

----------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様のご来館をお待ちしております。
国立ハンセン病資料館ホームページ>>> http://www.hansen-dis.jp/
----------------------------------

配信解除・配信先変更については、こちらのホームページからお願いします。
http://www.hansen-dis.jp/00oth/mail

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
発行者:国立ハンセン病資料館 お知らせメール係
〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13
※このお知らせメールの回覧・転送は自由です。内容の引用・転載の際には、「国立ハンセン病資料館 お知らせメール 第何号の***の記事」と注釈をいれてください。
 なお、お知らせメールで参照しているWebサイトのすべての画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作権者の許可なく使用・転載することはできません。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

バックナンバーリスト