バックナンバー

第93号(2019年8月1日)

お知らせメールバックナンバー(2019年06月28日)

バックナンバーリスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立ハンセン病資料館お知らせメール第93号(2019/8/1発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。国立ハンセン病資料館です。
当お知らせメールは不定期発行です。ご愛読よろしくお願いします。

┘┘┘ 国立ハンセン病資料館最新情報 今号の目次 ┘┘┘

■ 【募集中】2019年度 第3回 夏休み自由研究 応援企画

■ 夏休みスペシャル!子どもむけ展示解説

■ 学芸員による展示解説

■ ガイダンス映像・語り部講演映像の上映スケジュール

■ 追悼 高山勝介作陶展

■ 第31回ハンセン病体験講話~ハンセン病回復者の体験談を聞いてみませんか?~

■ 映画上映会「ふたたび」

■ 佐久間建氏 講演会 ハンセン病問題を学び、伝えるということ~学校現場から~

■ 施設貸し出しによるイベント開催情報

※開館日については、こちらをご覧ください。
http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201908

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立ハンセン病資料館最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【募集中】2019年度 第3回 夏休み自由研究 応援企画 8月4日(日)回復者へインタビュー!記者になってみよう

 ハンセン病の回復者からお話を聞いたり質問したり、記者になってインタビューしてみませんか。壁新聞や作文、絵日記のアイデアが見つかるかもしれないよ。

・開催日:8月4日(日)13:00-15:30
・場所:国立ハンセン病資料館 1F 研修室
・人数:小学校4~6年生 児童20名まで(保護者同伴可)
・持ち物:飲み物
・参加費:無料

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/summer_workshop/summer_workshop-2

■ 夏休みスペシャル!子どもむけ展示解説のおしらせ

 会期:8月3日(土)・9日(金)・14日(水)・15日(木)・16日(金)・21日(水)(予定)

★いずれも常設展示室で、午後2時~午後3時の予定です。
★30分ほど展示のご案内をしてから、質問タイム。
★おとなも参加できます。
★そのほかの日も、随時質問を受け付けています。

※受付などでスタッフにお声がけください。
※夏休み中、子どもむけ展示解説の日に、「未来への虹」(アニメーション、約30分)「忘れられた人たち」(約10分)の上映をします!
 タイムスケジュールは、午前の部は10:30~上映、午後の部は13:00~上映後、14:00~子どもむけ展示解説を予定します!

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/summer_vacation_special2019

■ 学芸員による展示解説

・日程:8月11日(日)14:00~15:30、8月31日(土)14:00~15:30
・所要時間:約1時間半(事前予約なし、参加無料です)
・内容:常設展示室1,2,3の展示解説を行います。

 スケジュールはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201908

■ ガイダンス映像・語り部講演映像の上映スケジュール

 国立ハンセン病資料館が制作したガイダンス映像を、当館映像ホールにて上映しています。どなたでもご覧いただけます。

・日程:8月1日(木)語り部講演映像、8月8日(木)ガイダンス映像、8月11日(日)語り部講演映像、8月12日(月・祝)ガイダンス映像、8月24日(土)語り部講演映像、8月31日(土)ガイダンス映像
・時間:10時00分から16時00分(事前予約なし、参加無料です)
・内容:ガイダンス映像「柊の向こう側」および「ハンセン病を知っていますか?」と語り部講演映像「佐川 修(さがわおさむ)さん」および「平沢 保治(ひらさわやすじ)さん」

「柊の向こう側~ハンセン病患者・回復者の歩み~」(日本語字幕つき 約40分)
 日本の隔離政策の歴史と療養所での過酷なくらし、そして患者・回復者による人権回復のあゆみについて、インタビュー映像とともにお伝えします。

「ハンセン病を知っていますか?」(日本語字幕つき 約15分)
 ハンセン病とはどんな病気か、症状や後遺症は日常生活にどのような影響があるのか、などについてコンパクトにまとめています。

「佐川修(さがわおさむ)さん語り部講演映像」(日本語字幕つき 約35分)
 語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民に語りかける場として設けられました。この映像は佐川修さんによる中学生を対象にした講演を収録したものです。

「平沢保治(ひらさわやすじ)さん語り部講演映像」(日本語字幕つき 約30分)
 語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民に語りかける場として設けられました。この映像は平沢保治さんによる中学生を対象にした講演を収録したものです。

 スケジュールはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#201908

■ 追悼 高山勝介作陶展

・会期:2019(令和元)年8月3日(土)~8月23日(金)
・開館時間:午前9時半~午後4時半(入館は午後4時まで)
・休館日:月曜日、祝日の翌日(8月13日は休館)
・会場:国立ハンセン病資料館 1階ギャラリー
・観覧料:無料

 高山勝介さん(1926~2018)は19歳でハンセン病を発病し、1946(昭和21)年に多磨全生園に入所しました。入所後、様々な患者作業に就き、畑仕事や秋津教会での宗教活動に取り組んでいましたが、1979(昭和54)年頃ハンセン病の症状によって急激に視力が低下し、失明しかける経験をします。大きく落ち込んだ高山さんですが、立ち直るきっかけとなったのが友人の勧めで始めた陶芸でした。以後、30年以上に渡って作陶活動を続けます。2011(平成23)年2月11日~3月6日には当館ギャラリーにおいて「2010年度企画展高山勝介作陶展」を開催させていただきました。
 2019(令和元)年8月3日は高山さんが亡くなられて1年にあたります。本ギャラリー展では、生前に当館に寄贈していただいた陶芸作品を展示します。高山さんを偲ぶと共に、生きがいであった作陶活動について考える機会といたします。ぜひご来館ください。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/exhibition/gallery_20190803

■ 第31回ハンセン病体験講話~ハンセン病回復者の体験談を聞いてみませんか?~

・第31回講話者:高山寿美枝(たかやますみえ)さん
・日時:2019年8月12日(月・祝)14時00分~15時00分(開場13時30分)
・会場:国立ハンセン病資料館 1階 研修室(当日先着24名)
・事前申し込み:不要
・参加費:無料

 国立ハンセン病資料館では、多磨全生園入所者や退所者をお招きし、体験談を中心とした講話を不定期で開催しています。当事者の体験談を通して、ハンセン病問題への理解をより深めていただければ幸いです。皆さまのご来場をお待ちしております。

※開催内容等は、講話者のご体調や悪天候によって来館ができないなどの理由から、事前または当日にかかわらず予告なく中止・変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※開催情報は当館HPより登録された方にお送りする「お知らせメール」でも配信しております。また、当館HPでは開催情報ならびに過去の講話の様子も掲載しております。ぜひご利用ください。

講話者:高山寿美枝(たかやますみえ)さん
・1925(大正14)年生まれ。東京都出身。
・1949(昭和24)年に多磨全生園に入所。患者作業では裁縫部で働く。
・1950(昭和25)年に高山勝介さんと結婚し、住み込みの不自由舎の付添作業も経験した。夫婦共に秋津教会に入信し、信仰を通じて社会の人々と交流をしてきた。また、夫婦で日本全国を旅行し、勝介さんの趣味である陶芸の窯場を回った。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/07gid/kataribe_successor

■ 映画上映会「ふたたび」

 50年ぶりにハンセン病療養所を退所し、仲間と再会するための旅に出た元ジャズ・トランぺッターと孫との姿を、往年のジャズナンバーと共に描く心温まるロードムービー。監督:塩屋俊 出演:鈴木亮平、財津一郎他。2010年制作。

・会期:2019(令和元)年8月17日(土)
・第1回上映:10時00分~12時00分(9時30分開場)
・第2回上映:13時00分~15時00分(12時30分開場)
・国立ハンセン病資料館 1F映像ホール/入場無料/申込不要
・各回先着140名

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/screening20190817

■ 佐久間建氏 講演会 ハンセン病問題を学び、伝えるということ~学校現場から~

 職業シリーズ第3弾!現役教員からお話を伺います

・日時:2019年8月25日(日)PM1:30~PM3:00
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール

 佐久間建先生はこれまで、小学校、都立病院内学級でハンセン病問題を通して、命の大切さ、人の尊厳について子供たちに伝えてこられました。佐久間先生が教員をめざしたきっかけ、ハンセン病回復者との出会いなど、教育現場で働くご自身のお立場にもとづいてお話しいただきます。著者に「ハンセン病と教育」(人間と歴史社)があります。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/lecture20190825

■ 施設貸し出しによるイベント開催情報

「ある精肉店のはなし」上映会

・会期:2019年8月10日(土)13:00~16:00
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
・主催:多磨全生園入所者自治会、特定非営利活動法人(NPO)東村山活き生きまちづくり
・後援:東村山市・国立ハンセン病資料館
・入場料:無料(但し先着120人)
・内容:国立療養所多磨全生園創立110周年・特定非営利活動法人(NPO)東村山活き生きまちづくり創立10周年記念事業「講演(纐纈(はなぶさ)あや監督)とドキュメンタリー映画会」「ある精肉店の話」上映会を開催します。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/05flr/20190810event

----------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様のご来館をお待ちしております。
国立ハンセン病資料館ホームページ>>> http://www.hansen-dis.jp/
----------------------------------

配信解除・配信先変更については、こちらのホームページからお願いします。
http://www.hansen-dis.jp/00oth/mail

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
発行者:国立ハンセン病資料館 お知らせメール係
〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13
※このお知らせメールの回覧・転送は自由です。内容の引用・転載の際には、「国立ハンセン病資料館 お知らせメール 第何号の***の記事」と注釈をいれてください。
 なお、お知らせメールで参照しているWebサイトのすべての画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作権者の許可なく使用・転載することはできません。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

バックナンバーリスト