すぐわかる!解説
  • ハンセン(びょう)は、およそ1400(ねん)(まえ)から日本(にほん)にあった病気(びょうき)です。
  • むかしの(ひと)たちはハンセン(びょう)になる原因(げんいん)を、神様(かみさま)(しん)じなかったせいだとか、(ひと)不幸(ふこう)()()ける役目(やくめ)だからとか、(おや)から()へと()()がれる病気(びょうき)だから、などと(かんが)えていました。
  • (いま)は、こうした(かんが)えは間違(まちが)いだとわかっています。でもむかしの(ひと)たちはみんなそのように(しん)じていたので、患者(かんじゃ)さんを(きら)って近寄(ちかよ)らないようにしていました。
  • だから、患者(かんじゃ)さんだけを(あつ)める場所(ばしょ)療養所(りょうようじょ))を(つく)って無理(むり)やり()まわせること(強制隔離(きょうせいかくり))になっても、みんな「それが()たり(まえ)」と(おも)()んで、「これはひどい」とは(かんが)えませんでした。
  • (なが)(あいだ)つづいてきたハンセン(びょう)(きら)気持(きも)ちは、(いま)でもみんなの(こころ)(のこ)ってしまっているのです。