すぐわかる!解説
  • ハンセン病は、およそ1400年も前から日本にあった病気です。
  • むかしの人たちはハンセン病になる原因を、神様を信じなかったせいだとか、人の不幸を引き受ける役目だからとか、親から子へと受け継がれる病気だから、などと考えていました。
  • 今は、こうした考えは間違いだとわかっています。でもむかしの人たちはみんなそのように信じていたので、患者さんを嫌って近寄らないようにしていました。
  • だから、患者さんだけを集める場所(療養所)を作って無理やり住まわせること(強制隔離)になっても、みんな「それが当たり前」と思い込んで、「これはひどい」とは考えませんでした。
  • 長い間つづいてきたハンセン病を嫌う気持ちは、今でもみんなの心に残ってしまっているのです。