キッズページ|国立ハンセン病資料館
すぐわかる!解説
  • 日本(にほん)では、最初(さいしょ)にキリスト(きょう)仏教(ぶっきょう)をひろめる(ひと)たちが療養所(りょうようじょ)をつくりました。その(くに)、と(けん)がつくった療養所(りょうようじょ)ができました。
  • (いま)からおよそ130年前(ねんまえ)外国(がいこく)から日本(にほん)にキリスト(きょう)(ひろ)めようとして()(ひと)たちや、日本(にほん)のお(ぼう)さんは、自分(じぶん)でお(かね)()してハンセン(びょう)療養所(りょうようじょ)をつくりました。
  • そこでは、みんなに(きら)われて、(いえ)もなく、食事(しょくじ)もじゅうぶんにできない患者(かんじゃ)さんを看病(かんびょう)しました。そして、()むところや()(もの)をあげました。
  • このように、日本(にほん)最初(さいしょ)にできたキリスト(きょう)仏教(ぶっきょう)療養所(りょうようじょ)は、患者(かんじゃ)さんたちを無理(むり)やり(あつ)めて()()めてしまうための場所(ばしょ)ではありませんでした。患者(かんじゃ)さんたちを(たす)けたい、という気持(きも)ちがあったのです。