キッズページ|国立ハンセン病資料館
すぐわかる!解説
  • (いま)からおよそ110年前(ねんまえ)(1907(ねん)ころ)、(くに)(けん)療養所(りょうようじょ)をつくって、ハンセン(びょう)患者(かんじゃ)さんをそこに()()めてしまおうという政策(せいさく)政府(せいふ)のやり(かた))を(はじ)めました。
  • 最初(さいしょ)のころは、()むところがなく、(みち)ばたなどで()らしていた患者(かんじゃ)さんだけを療養所(りょうようじょ)(あつ)めようとしました。
  • 患者(かんじゃ)さんを療養所(りょうようじょ)()()めるのは、ハンセン(びょう)(ひと)から(ひと)へうつる病気(びょうき)だとわかったため、(ほか)(ひと)にうつさないようにすることが目的(もくてき)でした。でも本当(ほんとう)は、そんなにうつりやすい病気(びょうき)ではありませんでした。
  •  
  • また日本(にほん)政府(せいふ)は、外国(がいこく)から()(ひと)たちに患者(かんじゃ)さんがいることを()られるのは()ずかしい、とも(かんが)えました。療養所(りょうようじょ)患者(かんじゃ)さんを()()めたのは、患者(かんじゃ)さんたちを(かく)してしまおうという目的(もくてき)もあったのです。
  • ()()められたりしたら、患者(かんじゃ)さんがつらい気持(きも)ちになることくらい、わかっていたはずでした。