キッズページ|国立ハンセン病資料館
すぐわかる!解説
  • (くに)(けん)療養所(りょうようじょ)では、できるだけ(すく)ないお(かね)で、たくさんの患者(かんじゃ)さんを()れられるようにするしくみがつくられていきました。
  • ()げようとしたり、職員(しょくいん)()うことをきかなかったりした患者(かんじゃ)さんを牢屋(ろうや)監禁室(かんきんしつ))に()れてしまうためのきまり(懲戒検束規定(ちょうかいけんそくきてい))がつくられました。
  • 療養所(りょうようじょ)は、患者(かんじゃ)さんどうしの結婚(けっこん)(ゆる)せば、おとなしく療養所(りょうようじょ)居続(いつづ)けるだろうと(かんが)えました。その一方(いっぽう)で、患者(かんじゃ)さんたちに、()どもを()めないようにする手術(しゅじゅつ)断種手術(だんしゅしゅじゅつ)中絶手術(ちゅうぜつしゅじゅつ))を()けさせました。
  • 料理(りょうり)洗濯(せんたく)大工(だいく)道路工事(どうろこうじ)畑仕事(はたけしごと)など、療養所(りょうようじょ)での仕事(しごと)も、患者(かんじゃ)さんたちにさせました。そのお給料(きゅうりょう)はひどく(やす)いものでした。患者(かんじゃ)さんたちは仕事(しごと)のせいでけがをしたり、病気(びょうき)をもっと(わる)くしたりしていきました。