キッズページ|国立ハンセン病資料館
すぐわかる!解説
  • (いま)からおよそ90年前(ねんまえ)(1930(ねん)ころ)、日本(にほん)はすべての患者(かんじゃ)さんを療養所(りょうようじょ)()()めてしまうことにしました(絶対隔離(ぜったいかくり))。いったん療養所(りょうようじょ)()れられた患者(かんじゃ)さんは、()ぬまで(そと)()られず、(いえ)にも(かえ)れないようにしたのです(終生隔離(しゅうせいかくり))。
  • それまでよりもたくさんの患者(かんじゃ)さんを()()めるために、療養所(りょうようじょ)(ひろ)げたり、(あたら)しくつくったりしました。
  • (くに)(けん)は、「ハンセン(びょう)(なお)らないし、(こわ)病気(びょうき)だ」「療養所(りょうようじょ)はとても()場所(ばしょ)だ」と宣伝(せんでん)しました。そして(ひと)びとに、(ちか)くでハンセン(びょう)患者(かんじゃ)さんや患者(かんじゃ)さんの(いえ)()つけたら、警察(けいさつ)役所(やくしょ)(ひと)()らせるようにさせました。
  • それぞれの(けん)で、どこが(はや)全部(ぜんぶ)患者(かんじゃ)さんを療養所(りょうようじょ)()れてしまえるか、競争(きょうそう)までしました(無癩県運動(むらいけんうんどう))。
  • 太平洋戦争(たいへいようせんそう)()きると、患者(かんじゃ)さんたちは病気(びょうき)(やく)()たない人間(にんげん)だと()られて、よけいに(つめ)たくされました。