すぐわかる!解説
  • 太平洋戦争が終わった次の年の1946年、日本国憲法ができました。そこには、誰もが人間としての権利(基本的人権)を持っているとはっきり書かれています。
  • 1947年には、ハンセン病を治すことのできる初めての薬(プロミン)が登場しました。
  • 同じころ、それまで療養所の中で起こっていたひどい事件のことがわかってきました。患者さんたちは怒って、政府や療養所の職員に「そういうことはやめてほしい」とうったえました。
  • 患者さんたちは、みんなの意見をまとめる団体(自治会)や、その全国組織をつくりました。そして療養所をよくすることをめざして活動しました。
  • 病気が治った人たちは、療養所を出たり、外に働きに行ったりするようになりました。でも、そういう時にはハンセン病だったことを隠さなければなりませんでした。