キッズページ|国立ハンセン病資料館
すぐわかる!解説
  • 太平洋戦争(たいへいようせんそう)()わった(つぎ)(とし)の1946(ねん)日本国憲法(にほんこくけんぽう)ができました。そこには、(だれ)もが人間(にんげん)としての権利(けんり)基本的人権(きほんてきじんけん))を()っているとはっきり()かれています。
  • 1947(ねん)には、ハンセン(びょう)(なお)すことのできる(はじ)めての(くすり)(プロミン)が登場(とうじょう)しました。
  • (おな)じころ、それまで療養所(りょうようじょ)(なか)()こっていたひどい事件(じけん)のことがわかってきました。患者(かんじゃ)さんたちは(おこ)って、政府(せいふ)療養所(りょうようじょ)職員(しょくいん)に「そういうことはやめてほしい」とうったえました。
  • 患者(かんじゃ)さんたちは、みんなの意見(いけん)をまとめる団体(だんたい)自治会(じちかい))や、その全国組織(ぜんこくそしき)をつくりました。そして療養所(りょうようじょ)をよくすることをめざして活動(かつどう)しました。
  • 病気(びょうき)(なお)った(ひと)たちは、療養所(りょうようじょ)()たり、(そと)(はたら)きに()ったりするようになりました。でも、そういう(とき)にはハンセン(びょう)だったことを(かく)さなければなりませんでした。