キッズページ|国立ハンセン病資料館
すぐわかる!解説
  • 1953(ねん)から1996(ねん)までの43年間(ねんかん)も、患者(かんじゃ)さんや、ハンセン(びょう)(なお)った(ひと)たち(回復者(かいふくしゃ))は、療養所(りょうようじょ)()らしやすくしようと努力(どりょく)してきました。
  • ほかの病気(びょうき)になった(とき)にも(なお)してもらえるように、病院(びょういん)としても()場所(ばしょ)にしてほしいとうったえました。
  • 療養所(りょうようじょ)()んでいても、病気(びょうき)(なお)っている(ひと)がほとんどでした。でも、患者(かんじゃ)さんを療養所(りょうようじょ)()(つづ)けることをきめていた「らい予防法(よぼうほう)」は(のこ)ってしまいました。そして、1996(ねん)にやっと廃止(はいし)されたのです。
  • 患者(かんじゃ)さんたちは、自分(じぶん)たちを家族(かぞく)から無理(むり)やり()(はな)して療養所(りょうようじょ)()れてしまったことや、療養所(りょうようじょ)(なか)でひどい生活(せいかつ)をさせたことを政府(せいふ)療養所(りょうようじょ)(あやま)ってもらおうと、裁判(さいばん)()こしました。
  • 裁判(さいばん)患者(かんじゃ)さんたちが()ち、政府(せいふ)(あやま)って、これからハンセン(びょう)への偏見(へんけん)差別(さべつ)をなくすために努力(どりょく)することを約束(やくそく)しました。