すぐわかる!解説
  • 1953年から1996年までの43年間も、患者さんや、ハンセン病が治った人たち(回復者)は、療養所を暮らしやすくしようと努力してきました。
  • ほかの病気になった時にも治してもらえるように、病院としても良い場所にしてほしいとうったえました。
  • 療養所に住んでいても、病気は治っている人がほとんどでした。でも、患者さんを療養所に入れ続けることをきめていた「らい予防法」は残ってしまいました。そして、1996年にやっと廃止されたのです。
  • 患者さんたちは、自分たちを家族から無理やり引き離して療養所に入れてしまったことや、療養所の中でひどい生活をさせたことを政府や療養所に謝ってもらおうと、裁判を起こしました。
  • 裁判は患者さんたちが勝ち、政府は謝って、これからハンセン病への偏見や差別をなくすために努力することを約束しました。