すぐわかる!解説
  • 療養所には、入所者の人たちの家があり、体のぐあいが悪くなった時に治療をする病院があり、亡くなった後に入るお墓(納骨堂)があります。
  • 入所者の人たちは、それぞれの部屋で、自分で生活しています。また、体の不自由な人は生活を助ける人(介護員さん)に手伝ってもらっています。
  • 入所者の人たちは、年をとり、人数もだんだん減って、さびしくなってきています。だからできるだけみなさんに、療養所にたずねて来てほしい、と思っています。