過去のイベント一覧

ハンセン病資料館開館25周年記念(ビデオ上映会)

ハンセン病資料館開館25周年記念
 宮崎駿監督が語る「佐川修さんとハンセン病資料館」
  ビデオ上映会のご案内


2019年1月27日に当館で開催したイベントのビデオ上映会を開催いたします!
皆さま、ぜひ、この機会にご来館ください。

宮崎駿監督が語る「佐川修さんとハンセン病資料館」

開催情報

日時 2019年2月24日(日)15時00分~16時10分
2019年3月10日(日)14時00分~15時10分
2019年3月24日(日)14時00分~15時10分
(開場時間は各日30分前になります)
会場 国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
内容 【上映時間:35分】佐川修さん語り部DVD上映
【上映時間:30分】宮崎駿監督講演会「佐川修さんとハンセン病資料館」
参加費 無料
定員 各日130名(当日先着順、事前申込不要)

 去る1月27日(日)に当館で開催しました「開館25周年記念 宮崎駿監督が語る佐川修さんとハンセン病資料館」は盛況の中終わることができました。改めて皆さまにお礼申し上げますとともに、その際、大変多くのお申込みをいただいたのにも関わらず、抽選のため、ご参加いただけなかった方も大勢いらっしゃいましたことを、お詫び申し上げます。
 この度、宮崎駿監督ならびにスタジオジブリ様からご配慮いただき、特別に当館で、1月27日に行いました内容をビデオ映像にて、ご覧いただけることとなりました。当日、先着順となりますので、事前申し込みは不要です。
 内容ならびにビデオ上映の日時は下記の通りです。現在、当館ロビーにて、ご寄贈いただきました絵画作品も展示しております。この機会に是非、足をお運びいただけますことをお待ち申し上げております。

開館25周年(ビデオ上映会)のちらしをダウンロードできます。(PDF:224KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。

開催報告
 2019年2月24日(日)、3月10日(日)、3月24日(日)の3日間「ハンセン病資料館開館25周年記念 宮崎駿監督が語る 佐川修さんとハンセン病資料館(ビデオ上映会)」を開催いたしました。

 1月27日の記念講演会当日、抽選のためご参加いただけなかったお客様をはじめ、多くのお客様においでいただき、満員御礼大変感謝しております。ありがとうございました。お客様からいただきましたご意見やご感想を紹介させていただきます。

  • 佐川さんの生の声を聴くことができて良かったです。宮崎監督のお話は、仲良しだった佐川さんと日常的なお付き合いを垣間見ることができて、生きていくということは、人と人とのつながり、出会った人との思いでが増えていくということなんだとじわじわと感じました。ここで過酷な状況で生きてこられたつらい状況で過ごしてこられたみなさんのことを思い、私も日々、大切に生活をしていこうと思いました。ありがとうございました。
  • ご生前にもっと佐川さんにお会いしたかった。とても残念(限られた回数しかお会いしたことがなかったので)に思えてなりません。語り部の時の迫力、力強さ、説得力、誰も真似のできない、すばらしい力を持った方だったと思います。宮崎さんの話で佐川さんの知らない面を知ることができてとても良かったです。
  • 抽選に外れて1月27日に来られませんでしたが、このような機会をつくっていただきありがたく思います。この社会で健康で障害のない人たちだけのものではないことを気付かせていただきました。また来させていただきます。私のなかに差別の気持ちがないかを確かめるために。
  • 初めて資料館に来ました。全く知識もなく学芸員さんのお話、一言一言聞きもらすまいとよく聞かせていただきました。本当によかったです。またいただいた資料をよく勉強して来ます。友だちをつれて来ます。ありがとうございました。
  • 実際に資料館に来れた事、学芸員の方の話を聞けた事、佐川さんの命をかけてハンセン病の歴史を残そうとした努力、佐川さんとの出合いが監督の心をどれほど動かしたかが伝わりとても感動しました。長野県からきました。私もだれかに語っていけたらと思います。
  • 貴重なイベントの開催をありがとうございました。この資料館の展示が、佐川さん・宮崎さん・入園者の方達が納得する内容を歴史として残していってほしいと思いました。
  • 前半で佐川さんの映像がみれてよかったです。1月27日のイベントに参加できず残念に思っていたので、このようにビデオ上映して頂きありがとうございました。字幕助かりました!
  • 抽選に外れてしまったので、今日を待ち望んでいました。宮崎監督の佐川さんへの思い、「もののけ姫」誕生秘話などここでしか聞けない貴重なお話が聞けました。このような機会をつくって下さってありがとうございました。
  • 午前中に学芸員による案内を受け、ハンセン病の理解が深まった。また、今回のビデオ上映における佐川さんの語り部としてのハンセン病の歴史を聞くことができ、感情をゆすぶられる思いであった。宮崎駿氏と佐川氏の関係を聞くことが出来、貴重な経験となった。このビデオは定期的に上映しても良いのではないかと思います。
  • 貴重な映像を見せていただいて、どうもありがとうございました。来館は2回目ですが、(前回)語り部の平沢さん、(今回)佐川さんのお話に強い衝撃を感じます。まだ頭の中でうまく整理できません。人権を守ること、差別・偏見をしないこと、思いやる心を大切にしていきたいと思います。また来館させていただきます。

 次週は、3月30日(土)は貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

国立ハンセン病資料館

開会のご挨拶・司会進行(金学芸員)
佐川修さん語り部DVD上映
宮崎駿監督講演会「佐川修さんとハンセン病資料館」
絵画贈呈
閉会式(金学芸員)