イベント情報 topevent

イベント情報一覧(2016年度)

ハンセン病 2017年3月26日 多磨全生園内「土塁・堀の考古学調査」についての成果報告会を開催しました。

ハンセン病


 当館では、全生学園跡地において、全生病院(現多磨全生園)を囲んでいた土塁・堀に関する調査を2016年11月中旬から進めております。これに合わせ、下記日程にて、多磨全生園内「全生学園跡地」における「堀」の現地見学会を行いました。
・日時:2017年1月7日(土)11時~15時
・場所:多磨全生園内「全生学園跡地」における発掘調査現場
 多磨全生園の草創期(全生病院時代の20世紀前半)に「患者地区」を総延長1.1キロメートルにわたって囲った「堀」の一部と出土品(ガラス瓶、磁器碗など)をご覧いただきました。

多磨全生園内「土塁・堀の考古学調査」についての成果報告会を下記日程にて開催しました。
・日時:2017年3月26日(日)14時~15時30分
・場所:国立ハンセン病資料館 1階映像ホール

 3月26日(日)午後2時から、多磨全生園内「土塁・堀の考古学調査」についての成果報告会を開催しました。当館では、多磨全生園と入所者自治会の協力を得て、昨年度に引き続き、全生病院草創期に「患者地区」を囲った土塁・堀に関する多磨全生園内での考古学調査を行っています。1月7日に開催しました多磨全生園内「全生学園跡地」における「堀」の現地見学会に続き、当日も大勢のお客様にご参加いただきまして、ありがとうございました。…続きはこちら

ハンセン病






ハンセン病 2017年2月18日 「若松若太夫師匠の説経節の公演」を開催しました。

ハンセン病


・日時:2017年2月18日 (土) 13:30~(開場 13:00)
・場所:国立ハンセン病資料館1階映像ホール (交通案内)
・定員:120人 (予約不要・先着順)
・入場:無料

 2月18日(土)午後1時30分から、当館では初めての試みとなります、三代目若松若太夫師匠による説経節の公演会が開催されました。会場は三味線を伴奏とした語り物の芸能に包まれる中、演目は五説経といわれる物語の中から背景に往古の日本社会とハンセン病との関連も窺える「小栗判官 親子対面矢取りの段」と「しんとく丸」について公演が行われました。当日は、大勢のお客様にご参加いただきまして、ありがとうございました…続きはこちら

ハンセン病






ハンセン病 2016年12月27日 2016年度秋季企画展「生きるための熱」―スポーツにかける入所者たち―を開催しました。

ハンセン病


・会期:2016(平成28)年10月1日(土)~ 12月27日(火)
・会場:国立ハンセン病資料館企画展示室
・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日の翌日、年末年始、館内整理日
・入館無料

【付帯事業】
①11月3日(木) 「あなたもゲートボールデビュー」

 かつて大島青松園チームで全国大会にも出場した神こうキヨコさんと一緒に、ゲートボールを楽しみましょう。初心者の方の参加を歓迎します。基本的なルールや打ち方をお教えします。

 場所:多磨全生園内の全生学園跡グラウンド
 時間:13時00分~15時00分
 事前申込:不要
 雨天中止
 協力:公益財団法人日本ゲートボール連合

②12月4日(日) 野球談議「嗚呼ああ、新良にいら田だ教室野球部!!」

 1955(昭和30)年から1987(昭和62)年まで、長島愛生園には全国のハンセン病療養所入所者のための唯一の高校、邑お久く高校こうこう新良にいら田だ教室きょうしつがありました。その高校の強豪野球部で活躍した元部員の方々に、当時の思い出を語り合っていただきます。お集まりいただくのは、山城やましろ正安まさやすさん、平野ひらの智さとるさん、藤崎ふじさき陸安みちやすさん、太田おおた明あきらさんです。野球ファンのみなさま、ふるってご参加ください。

 場所:国立ハンセン病資料館映像ホール
 時間:13時30分~15時30分(開場13時00分)
 事前申込:不要(当日先着120人まで)
 延長戦に突入した場合はご了承ください。

 12月4日(日)午後1時30分から、邑お久く高校こうこう新良にいら田だ教室きょうしつ強豪野球部で活躍した元部員の方々による熱い野球談議が行われ大勢の方々にご参加いただきました。1930年代から1960年代にかけて、野球は各療養所でもっとも盛り上がりをみせたスポーツであり、情熱を燃やし生きがいをも見出したスポーツに向けた、いわば”生きるための熱”を強く感じました…続きはこちら

ハンセン病






ハンセン病 2016年7月31日 2016年度春季企画展「らい予防法」をふりかえるを開催しました。

ハンセン病


・会期:2016(平成28)年4月29日(金)~ 7月31日(日)
・会場:国立ハンセン病資料館企画展示室
・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日の翌日(祝日の場合は開館)、館内整理日
・入館無料

【付帯事業】
・講演会:「全患協と共に歩んだ「らい予防法廃止」への道のり」
・講師:長田浩志氏(厚生省保健医療局エイズ結核感染症課企画法令係長【当時】)
・日時:2016年7月24日(日)14時~(13時30分開場)
・場所:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
・入場:無料
・定員:150人まで(当日先着 事前申込不要)

 7月24日(日)午後2時から、長田浩志氏(厚生省保健医療局エイズ結核感染症課企画法令係長【当時】)による「全患協と共に歩んだ「らい予防法廃止」への道のり」に関する講演会が行われ大勢の方々にご参加いただきました…続きはこちら

ハンセン病