YouTube動画配信

YouTube動画配信

国立ハンセン病資料館 YouTube 動画配信

 国立ハンセン病資料館では、当館主催の講演会、イベント活動、語り部(平沢さん)活動による講演映像などの映像の一部を YouTube より動画配信サービスを進めております。国立ハンセン病資料館 YouTube チャンネルはこちらです。

 当館主催の講演会、イベント活動
21

映像時間:1時間35分19秒
「ハンセン病問題と保健婦たち」/木村哲也(当館学芸員)

 2020年7月25日(土)、ミュージアムトーク 2020(オンライン開催)第1回の記録です。
 保健婦経験者の証言を通して、ハンセン病隔離政策の地方自治体における活動の一端をご紹介しました。入所の説得、社会復帰の支援、地域住民の差別・偏見の是正…など、これまで十分に明らかにされてこなかった側面に光を当ててお話しています。
 本動画では、本編で触れることが出来なかった内容(未公開トーク)もご覧いただけます。Youtube限定公開です。
20

映像時間:1時間6分43秒
ハンセン病問題と弁護士の社会的使命 ~ハンセン病裁判を闘った弁護士たち~

 2020年1月25日(土)、講演会「ハンセン病問題と弁護士の社会的使命 ~ハンセン病裁判を闘った弁護士たち~」の記録です。
 当館では、ハンセン病問題に取り組んでこられた様々な職業の方をお招きしてそのご経験をお話ししていただく職業シリーズの講演会を開催しております。ハンセン病国賠訴訟とハンセン病家族訴訟弁護団の一員として原告勝訴に貢献された赤沼康弘弁護士(ハンセン病国賠訴訟東日本弁護団事務局長・ハンセン病家族訴訟弁護団)をお招きして、「ハンセン病問題と弁護士の社会的使命~ハンセン病裁判を闘った弁護士たち~」をテーマにお話を伺いました。
19

映像時間:1時間16分47秒
「ハンセン病療養所の音楽活動」/大高俊一郎 (当館学芸員)|ミュージアムトーク 2020 早春

 2020年1月18日(土)、国立ハンセン病資料館映像ホールにて、開催したミュージアムトーク 2020 早春「ハンセン病療養所の音楽活動」/大高俊一郎 (当館学芸員)の記録です。
 音楽がいかに人と人とを結びつける役割を果たしてきたのかという観点からハンセン病療養所における音楽活動を検討し、差別を乗り越える文化活動の意義について考察しました。
18

映像時間:59分57秒
「くらしの変化を伝える補装具」/西浦直子(当館学芸員)|ミュージアムトーク 2019

 2019年12月21日(土)、国立ハンセン病資料館研修室にて、開催したミュージアムトーク 2019 「くらしの変化を伝える補装具」/西浦直子(当館学芸員)の記録です。
 療養所では義足やボタンかけなどさまざまな補装具が作られ、入所者の生活を支えてきました。
 この回では歩くことにまつわる補装具から、療養所のくらしの移りかわりを読み解きました。
17

映像時間:42秒
ハンセン病資料館1月2月の予告

 ハンセン病資料館の1月2月のイベントの予告を簡単に動画で紹介します。
16

映像時間:44秒
やってみよう!お正月行事(開催報告)

 新年あけまして、おめでとうございます。
 2020年1月4日(土)10時~15時半にかけて、お正月イベントを開催しました。石井則久先生(多磨全生園園長)のお話からはじまり、永代神社(全生園内)への初詣を中心とした全生園見学ツアー、紙芝居、書初め、カルタ、凧作り、凧あげ、羽根つきを行いました。始めての試みでしたが、おかげさまでおよそ100人の方にご参加いただき、大盛況でした。
 本年も国立ハンセン病資料館をよろしくお願い申し上げます。
15

映像時間:1分28秒
やってみよう!お正月行事(予告動画)

 国立ハンセン病資料館では2020年1月4日(土)10:00~15:30にやってみよう!お正月行事を開催します!多磨全生園園長のお話からはじまり、永代神社(全生園内)への初詣を中心とした全生園見学ツアー、お昼は軽食のご提供(豚汁、お汁粉等)100食限定無料、午後から、紙芝居、(同時進行)にて、書初め(冬休み宿題応援企画!)、カルタ、凧作り(全生園内で凧あげできます!)、羽根つきを行います。皆様のご参加をお待ちしております!
14

映像時間:1時間21分03秒
若松英輔氏講演会「志樹逸馬の詩と出会う」(第2回)

 2019年12月1日(日)14:00~15:30、ギャラリー展「没後60年・志樹逸馬(しきいつま)展」関連イベント若松英輔(わかまつえいすけ)氏講演会「志樹逸馬の詩と出会う」(第2回目)を開催いたしました。この日は前回(第1回目)とは別の内容となるよう、ギャラリー展でメイン展示した志樹逸馬の詩8篇のみに焦点を当て、お話しいただきました。
13

映像時間:1時間26分34秒
若松英輔氏講演会「志樹逸馬の詩と出会う」(第1回)

 2019年11月17日(日)14:00~15:30、ギャラリー展「没後60年・志樹逸馬(しきいつま)展」関連イベント(第1回目)若松英輔(わかまつえいすけ)氏講演会「志樹逸馬の詩と出会う」を開催いたしました。若松先生より「志樹逸馬」をテーマにお話いただくのは、本日が初めてとなります。
志樹逸馬の作品を朗読しながら、その魅力を存分に語っていただきました。
12

映像時間:1時間15分14秒
「ハンセン病問題と在日朝鮮人」/金貴粉(当館学芸員)|ミュージアムトーク 2019

 2019年11月9日(土)、国立ハンセン病資料館映像ホールにて、開催したミュージアムトーク 2019 「ハンセン病問題と在日朝鮮人」/金貴粉(当館学芸員)の記録です。
日本のハンセン病療養所には、多い時には700人を超える在日朝鮮人が入所していました。
患者運動を共に闘い、遠い故郷を思い、文化活動に力を注いできた彼ら、彼女らの軌跡をたどりました。
11

映像時間:1時間24分41秒
「ハンセン病療養所の詩人たち」/木村哲也(当館学芸員)|ミュージアムトーク 2019

 2019年10月26日(土)、国立ハンセン病資料館研修室にて、開催したミュージアムトーク 2019 「ハンセン病療養所の詩人たち」/木村哲也(当館学芸員)の記録です。
1953年、らい予防法闘争のさなか、詩人・大江満雄の支援で出版された『いのちの芽』(三一書房)は、全国の療養所から73人の詩人たちが参加した金字塔ともいえる詩のアンソロジーでした。この詩集に焦点を当て、詩の魅力を語りました。
10

映像時間:1時間25分19秒
佐久間建氏 講演会 ハンセン病問題を学び、伝えるということ~学校現場から~

 2019年8月25日(日)、国立ハンセン病資料館映像ホールにて開催された佐久間建先生の講演会「ハンセン病問題を学び、伝えるということ~学校現場から~」の記録です。
職業シリーズ第3弾、現在現役の学校の先生としてご活躍している佐久間建先生(東京都立武蔵台学園府中分教室・主任教諭)をお招きして、「ハンセン病問題を学び、伝えるということ~学校現場から~」をテーマにお話を伺いました。
09

映像時間:6分28秒
国立ハンセン病資料館紹介ムービー

 2019年9月1日から7日まで、「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」(会場:国立京都国際開館[ICC Kyoto])が開催されました。ICOM大会は、世界の博物館が直面している今日的課題と新たな解決策を話し合うための国際的な会議で、日本での開催は初めてです。期間中は会場に世界中から3,000人以上が参集し、講演会や国際委員会、最新の情報を提供するブース出展などが行われました。
 国立ハンセン病資料館も、今回初めてICOMに参加しました。各国がそれぞれの博物館の活動等を紹介するミュージアム・フェアにブースを出展し(出展共催:笹川保健財団)、世界各国の方々に日本のハンセン病問題とその歴史、当館の設立意義や活動について紹介するために作成しました「国立ハンセン病資料館紹介ムービー」です。
08

映像時間:1時間46分20秒
古典・民謡コンサート

 2018年7月8日(日)、国立ハンセン病資料館の2018年度春季企画展「この場所を照らすメロディ ―ハンセン病療養所の音楽活動―」(会期:2018年4月28日(土)~ 7月31日(火))付帯事業として、資料館映像ホールにて開催された古典・民謡コンサートの記録です。演奏と歌と踊りにつつまれた素晴らしいコンサートでした。

プログラム
1.仲里朝篤(三線)、小底京子(琴)
2.星塚三線同好会
3.おもだか秋子

07

映像時間:1時間5分23秒
太田明さん講演会「金陽会の作家たち、その素顔」

 2019年6月8日(土)、国立ハンセン病資料館の2019年度春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」(会期:2019年4月27日(土)~ 7月31日(水))付帯事業として、資料館映像ホールにて開催された講演会の記録です。
地元・熊本より講師の太田明さん(菊池恵楓園入所者自治会副会長、一般社団法人金陽会理事)をお迎えし、戦後の菊池恵楓園の文化活動をふりかえり、金陽会の作家たち1人1人の思い出をとおして、作品の背景にあるものを読み解いていただきました。
06

映像時間:3分56秒
田川誠さんワークショップ「キャンバスにあつまれ!」

 2019年5月5日(日)、国立ハンセン病資料館の春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」
の関連イベントとして、当館ギャラリーにて開催された、
美術家・田川誠さんによるワークショップ「キャンバスにあつまれ!」の動画です。
当日は、子どもから大人まで幅広い世代の約50名が参加しました。
まず企画展示室で金陽会の絵画作品を鑑賞したあと、
ターポリンというシートをキャンバスに見立て、みなでお絵描きをしました。
最後に田川さんに、ひとつの作品に仕上げていただきました。
この作品は、2019年5月26日(日)まで、当館1Fギャラリーにて展示されます。

動画制作:田川誠・深澤慎也
音楽:秋山裕和

05

映像時間:31秒
ハンセン病資料館2019年春の企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」

 国立ハンセン病資料館2019年春の企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」は、2019年4月27日(土)~7月31日(水)まで開催されます。どうぞ皆さま見に来てください!
04

映像時間:41分46秒
貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡(第二部の記録)

 2019年3月30日(土)、国立ハンセン病資料館映像ホールにて開催された「貴重映像でたどる「アリランの会」の軌跡」。「アリランの会」とは、1990年から2005年まで続いた多磨全生園の在日の入所者の方々を中心とした韓国舞踊の会のことです。当日は第一部としてこれまで活動されてきた「アリランの会」映像上映会に続き、第二部では韓国舞踊公演会を開催いたしました。本映像では、冒頭あいさつに加え、第二部の金順子(キムスンジャ)さんを始めとする韓国舞踊団の方々による公演の様子をお届けいたします。

1.太平舞(テピョンム)【出演:金順子】
2.春の風舞(ポムバラム)【出演:李娜美・文景花】 
3.珍島鼓舞(チンドプクチュム)【出演:琴龍淑】
4.長鼓舞(チャンゴチュム)【出演:金順子】
5.扇の舞(プチェチュム)【出演:金順子・琴龍淑・李娜美・尹福美・文景花】

03

映像時間:1時間15分44秒
坂手悦子さん講演会「ソーシャルワーカーを目指すあなた達に伝えたいこと」

 2018年12月22日(土)、国立ハンセン病資料館映像ホールにて開催された坂手悦子さん講演会「ソーシャルワーカーを目指すあなた達に伝えたいこと」の記録です。
国立療養所邑久光明園福祉課ソーシャルワーカーの坂手悦子氏が、ソーシャルワーカーを志した理由、仕事のやりがい、入所者が抱える困難などについて、講演してくださいました。
02

映像時間:1時間22分03秒
立石富生さん講演会「生誕100年・島比呂志の生涯と文学」

 2018年12月1日(土)、国立ハンセン病資料館のギャラリー展「生誕100年 島比呂志展」(会期:2018年11月17日~12月7日)にあわせて、資料館映像ホールにて開催された講演会の記録です。
島氏が主催していた文芸同人誌『火山地帯』の編集発行を引き継いだ立石富生さんが、「生誕100年・島比呂志の生涯と文学」について講演してくださいました。
01

映像時間:47分41秒
中尾伸治さんトークイベント「もうひとつの橋~邑久長島大橋架橋30周年」

 2018年11月23日(金)、国立ハンセン病資料館映像ホールにて開催された「もうひとつの橋~邑久長島大橋架橋30周年上映会&トークイベント」における中尾伸治さん(長島愛生園入所者自治会会長)の講演の模様です。
架橋以前の島の状況、架橋運動中の苦労、橋が架って以降の変化などを豊富なエピソードをはさみ、時に笑いも交えながら、参加者を引き込みました。
「橋が架ったとたん、園内が急に明るくなった」との言葉が印象的です。


 語り部活動講演映像
07 ハンセン病
(中学生編)佐川修さん講演/語り部活動


 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
このDVDは佐川修さんによる中学生を対象にした講演を収録したものです。

2010年12月16日収録(内容時間35分)

06 ハンセン病
(一般、医療・看護学生編)佐川修さん講演/語り部活動


 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
このDVDは佐川修さんによる一般、医療・看護学生を対象にした講演を収録したものです。

2010年10月22日収録(内容時間54分)

05 ハンセン病
(一般編)平沢保治さん講演/語り部活動

 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
このDVDは平沢保治さんによる一般の方を対象にした講演を収録したものです。

2017年8月18日収録(内容時間52分)

04 ハンセン病
(公務員編~人として人間として~)平沢保治さん講演/語り部活動

 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
このDVDは平沢保治さんによる公務員を対象にした講演を収録したものです。

2013年5月29日収録(内容時間55分)

03 ハンセン病
(看護学生編~命と心の教育~)平沢保治さん講演/語り部活動

 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
このDVDは平沢保治さんによる看護学生を対象にした講演を収録したものです。

2012年12月19日収録(内容時間40分)

02 ハンセン病
(小学生中学年編)平沢保治さん講演/語り部活動

 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
 語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
 このDVDは平沢保治さんによる小学生中学年を対象にした講演を収録したものです。

2010年3月16日収録(内容時間33分)

01 ハンセン病
(中学生編)平沢保治さん講演/語り部活動

 国立ハンセン病資料館はハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的として開館しました。
語り部活動は来館した団体見学者を対象とした啓発活動の一つです。ハンセン病の回復者が自らの体験を一般市民へ語りかける場として設けられました。
このDVDは平沢保治さんによる中学生を対象にした講演を収録したものです。

2010年3月12日収録(内容時間30分)