バックナンバー

第110号(2020年11月3日)

お知らせメールバックナンバー(2020年11月3日)

バックナンバーリスト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立ハンセン病資料館お知らせメール第110号(2020年11月3日発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。国立ハンセン病資料館です。
当お知らせメールは不定期発行です。ご愛読よろしくお願いします。

┘┘┘ 国立ハンセン病資料館最新情報 今号の目次 ┘┘┘

■ 石井正則写真展「13(サーティーン)~ハンセン病療養所の現在を撮る~」オンラインイベント開催(11/3)
  ※事前申し込みは不要です。

■ 石井正則写真展「13(サーティーン)~ハンセン病療養所の現在を撮る~」会期延長(~12/6)

■ ミュージアムトーク 2020(オンライン開催)第4回開催報告(10/24)

■ ミュージアムトーク 2020(オンライン開催)第5回受付中(11/21)

■ ライブ配信 RADIO ハンセン病問題を伝える~メディアの責任・ラジオの可能性~(11/28)

■ 図書資料の郵送による貸出サービス開始

■ 学芸員募集のお知らせ(~12/24)

■ 団体見学プログラムについて

※開館日については、こちらをご覧ください。
http://www.hansen-dis.jp/06vst/calender#202011

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立ハンセン病資料館最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 石井正則写真展「13(サーティーン)~ハンセン病療養所の現在を撮る~」オンラインイベント開催のご案内

 第2回 2020年11月3日(祝・火)15:30~16:30

 第1回(10月11日(日))につづき、第2回ギャラリートークをYoutubeで生配信します。石井正則さんによる作品解説を、写真展ギャラリーよりライブでお届けします。ハンセン病療養所入所者による詩の朗読もしていただきます。

 事前申し込みは不要です。
 当日の動画視聴URLが決まりました。→ https://youtu.be/ZDN6GgBJboc

 視聴者のみなさまからのコメント・ご質問を受け付けます。
 いただいたコメントは配信中に石井さんよりご紹介します。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/photoexhibition20200229#online

■ 石井正則写真展「13(サーティーン)~ハンセン病療養所の現在を撮る~」会期延長のご案内

 国立ハンセン病療養所13園をすべてまわり、8×10という大判カメラで療養所の「現在」を撮影してこられた石井正則さん。今回、ご自身で手焼きしたモノクロ写真27点を展示しています。

・会期:9月19日(土)~12月6日(日)まで延長します。
・会場:国立ハンセン病資料館 2階 企画展示室
・入館時間:午前10:00-11:30、午後13:30-15:00(午前午後上限10人、事前申し込み制)
・休館日:月曜および国民の祝日の翌日

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/photoexhibition20200229

■ ミュージアムトーク 2020(オンライン開催)第4回開催報告のご案内

 2020年10月24日(土)14時~15時30分にミュージアムトーク 2020(オンライン開催)第4回 山本暁雨の人と書/金 貴粉(当館学芸員)を開催しました。

 16才で全生病院(現 多磨全生園)に入所し、歌舞伎、俳句、書と様々な文化活動に取り組んだ山本暁雨(本名・熊一 1899-1973)の人と表現について考察しました。隔絶された療養所のなかで生き抜く意味を見出すように、山本は歌舞伎公演に打ち込み、自己研鑽を積み、真の芸術を目指しました。また手指と視覚の障害を乗り越え揮毫する姿からは、強靭な意思と表現への一途な姿勢を見ることが出来ます。
 当日は書の技法や落款、生前の発表について等、多くのご質問を頂きました。時間内にお答えできなかった内容についてはアフタートークにてお答えしていますので、後日公開予定のYouTube動画もご覧ください。
 皆さまから頂いたアンケートのご意見を活かし、今後もハンセン病問題についてさまざまなテーマでミュージアムトークをお届けしてまいります。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/museumtalk2020#report_20201024

 尚、当日の講演動画と講演後のアフタートークを後日Youtubeに公開予定です。

■ ミュージアムトーク 2020(オンライン開催)第5回受付中のご案内

 ハンセン病問題にまつわる様々なお話をご用意しました。
 ふだん聞く機会の少ないテーマにふれてみませんか。
 多磨全生園が紅葉に彩られる季節、資料館からzoomウェビナーを使ってお届けします。

 第5回:ゲートボール熱中時代

 講師:大高 俊一郎(当館学芸員)

 2020年11月21日(土)14時00分~15時30分(予定)zoom配信
 事前申込制・定員100人(申込先着順)

・参加申し込み受付期間:2020年10月24日(土)15時30分 ~ 11月20日(金)17時00分まで
※定員に達し次第締め切ります。

・イベント当日の受付開始時間:13時45分(予定)

 1980年代、ゲートボールの全国的な流行のもとでハンセン病療養所の入所者たちもゲートボールに熱中しました。入所者たちのゲートボール活動の足跡を振り返り、それがハンセン病問題の歴史のなかでもつ意義についても考察します。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/museumtalk2020

 参加申し込みはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/museumtalk2020#application

■ ライブ配信 RADIO ハンセン病問題を伝える~メディアの責任・ラジオの可能性~のご案内

 ハンセン病問題にかかわりを持つ職業の方をお招きする職業シリーズ第5弾の講師は、TBS ラジオの記者として長年ハンセン病問題に取り組んできた崎山敏也さん。ハンセン病問題との出会い、仕事のやりがい、ハンセン病問題から学んだこと、音声メディアの役割などについて、ラジオ記者という立場からお話していただきます。

・日時:2020年11月28日(土)14:00~15:30
・ユーチューブによるライブ配信
・視聴無料(事前予約不要、人数制限なし)
・URL https://youtu.be/d7mMd_5JpPU

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/03evt/lecture20201128

■ 図書資料の郵送による貸出サービス開始のご案内

 図書室では、当面の間、郵送による資料の貸出サービスを実施いたします。

 ご利用について
・貸出期間:4週間(貸出の発送日から返却の発送日までで計算。延長はできません)

・貸出資料数:5点まで

・貸出対象資料:貸出可能資料
 蔵書検索システム( http://www.hansen-dis.jp/opac/book/ )でご確認ください。
※貸出可能資料でも資料の状態等によっては貸出できない場合もございます。

・お申込方法
【利用者登録が済んでいない方】
 貸出申込書に必要事項をご記入の上、お名前とご住所が確認できるもの(運転免許証・健康保険証など)のコピーを添付のうえ、簡易書留でご郵送ください。
 利用者登録と同時に貸出も受付けます。
 郵送先:〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13 国立ハンセン病資料館 図書室

【利用者登録が済んでいる方】
 貸出申込書に必要事項をご記入の上、メールまたはファックスでお申し込みください。お電話でのお申込も受付けます。
 受付メールアドレス:lib@hansen-dis.jp      
 FAX:042-396-2981
 TEL:042-396-2909

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/04lib/mailing_service

■ 学芸員募集のご案内

 下記の通り、学芸員を募集中です。
 採用予定人数は 5名。募集締め切りは 2020年12月24日(木)17時迄です。

 勤務地は以下の施設です。
・菊池恵楓園社会交流会館(熊本県合志市栄 3796)
・奄美和光園交流会館(鹿児島県奄美市名瀬和光町 1700)
・多磨全生園(東京都東村山市青葉町4丁目1-1)
・栗生楽泉園社会交流会館(群馬県吾妻郡草津町大字草津乙647番地)
・大島青松園社会交流会館(香川県高松市庵治町6034-1)

 募集内容の詳細はこちらをご覧ください。
 http://www.hansen-dis.jp/recruitment

■ 団体見学プログラムについてのご案内

 対面でのプログラムは当分のあいだ停止していますが、10名以上の団体でご利用いただける、オンラインのプログラムをご用意しております。

・ハンセン病資料館に関するご案内、展示室からのライブによる資料紹介と質疑応答などを組み合わせてご利用いただけます。

・通信アプリは、Zoomミーティング / Google Meet などを使用します。

・所用時間は、90分~150分程度です。

・そのほか時間帯や内容についてはご相談のうえ調整できます。
 【プログラム例 小学生の場合 約90分】
 ・資料館についてのお話、ビデオ視聴(常設展示紹介20分)
 ・展示室での資料紹介と質問コーナー(展示室からライブでお送りします)

・事前学習でご利用いただけるパンフレットの送付や、語り部講話DVDのお貸出しをしています(いずれも無料)。

 詳細は下記にお問合せください。
 電話 042-396-2909(国立ハンセン病資料館 予約受付担当) yoyaku@hansen-dis.jp

 ※都合により日時・内容等のご希望に添えない場合があります。
 ※現在Web上でのお申込みサイトを作成中です。

----------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様のご来館をお待ちしております。
国立ハンセン病資料館ホームページ http://www.hansen-dis.jp/

国立ハンセン病資料館
住所:〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13
電話:042-396-2909
開館時間(午前10:00~11:30、午後13:30~15:00 いずれも事前予約制・定員制)
入館料:無料
休館日:月曜日及び「国民の祝日」の翌日 ただし、月曜が祝日の場合は開館、年末年始、館内整理日
----------------------------------

配信解除・配信先変更については、こちらのホームページからお願いします。
http://www.hansen-dis.jp/00oth/mail

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
発行者:国立ハンセン病資料館 お知らせメール係
〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13
※このお知らせメールの回覧・転送は自由です。内容の引用・転載の際には、「国立ハンセン病資料館 お知らせメール 第何号の***の記事」と注釈をいれてください。
 なお、お知らせメールで参照しているWebサイトのすべての画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作権者の許可なく使用・転載することはできません。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

バックナンバーリスト