過去のイベント一覧

2020年度ギャラリー展 コロナ時代 ハンセン病回復者からのメッセージ

ギャラリー展「コロナ時代 ハンセン病回復者からのメッセージ」
会期 2021年1月22日(金)~2月23日(祝・火)
会場 国立ハンセン病資料館、1Fギャラリー
入館時間 午前10:00-11:30、午後13:30-15:00(午前午後10人定員、事前申し込み制)
休館日 月曜および国民の祝日の翌日
【オンライン展示解説】ゲスト:岩川洋一郎さん(星塚敬愛園)
日程:2021年2月6日(土)14:00-14:50
 オンライン展示解説に加え、星塚敬愛園の岩川洋一郎さんに、『姶良野』2020年秋季号に掲載された著作「恐怖の新型コロナウイルス」を中心に、コロナ時代におけるハンセン病問題についてお話をうかがいます。

当日の視聴URLはこちら( https://youtu.be/WIfj_-i9Xpg )です。
2月6日(土)14:00から配信開始いたしました。

※本配信ではチャットでの質疑応答を設けておりませんのでご了承ください。

「コロナ時代 ハンセン病回復者からのメッセージ」

ギャラリー展のちらしをダウンロードできます。(PDF:1,840KB)
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。
  こちらからダウンロードしてご利用ください。

 新型コロナウイルスの感染拡大のさなか、患者やその家族、医療従事者等に対して、偏見や差別などが表面化する事態が報じられました。これに対して、ハンセン病回復者やその家族の皆さんは、過去に自分たちが経験したような出来事をくりかえしてはならないと、声をあげています。本展では、それらのメッセージを一堂に集め紹介します。