ホーム
ごあいさつ
目的・理念・求められる資料館像・機能
ハンセン病資料館のあゆみ
開館20周年記念事業
常設展示のご案内
企画展・ギャラリー展・イベント
図書室
利用案内・交通案内
団体予約
ガイダンスビデオと平沢保治さんのお話し会
施設利用案内
過去のイベント
刊行物
リーフレット
leaflet in English
中文版散页宣传印刷品
한국어판 리플렛
資料館だより
リンク
長島愛生園編集「らい文献目録社会編」(昭和32年刊)同園所蔵文献検索
お知らせメール
配信登録
キッズコーナー
写真パネル・DVD貸し出し
採用情報
音声アナウンス

ハンセン病資料館は、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的としています。

らい菌による慢性の感染症です。
初期症状は皮疹と知覚麻痺です。治療薬がない時代には変形を起こしたり、治っても重い後遺症を残すことがありました。そのため、主に外見が大きな理由となって社会から嫌われてきました。現在では有効な治療薬が開発され、早期発見と早期治療により後遺症を残さずに治るようになりました。

キッズコーナー

ハンセン病について正しく理解できるキッズコーナーもあります。

ページ先頭へ
新着情報

2014/12/20 「平成27年度 送迎バスサービスの募集のお知らせ」を掲載しました。 new

2014/12/16 施設貸出によるイベント開催情報を更新しました。 new

2014/11/29 1930年から2014年9月末までのハンセン病「新聞雑誌記事」目次検索ができるようになりました。 new

2014/11/21 「ハンセン病問題に関するシンポジウム ―人権フォーラム2015 in 熊本―」のご案内を掲載しました。 new
シンポジウムは「熊本テルサ」にて開催されます。

2014/10/18 2014年度秋季・2015年度春季企画展「この人たちに光を ―写真家 趙 根在(チョウ・グンジェ)が伝えた入所者の姿―」のご案内を掲載しました。 new

2014/10/18 「人権の歴史とアーカイブズ ―ハンセン病、隔絶の歴史を超えて―」のご案内を掲載しました。 
共催展は「東京都公文書館」にて開催されました。

2014/10/8 「資料館だより」第85号を掲載しました。

2014/7/9 「ダミアン神父の生涯」9月6日(土)公演会を開催しました。 

2014/4/29 重監房資料館は4月30日に開館記念式典を行います。 5月1日から一般公開を開始しました。

2014/4/5 「フィリピン クリオン療養所への台風被害義援金」報告とご協力のお礼を掲載しました。

2014/3/12
平成26年3月18日(火)に入館者30万人を達成しました。
 国立ハンセン病資料館は、前身の高松宮記念ハンセン病資料館が平成5年6月25日に開館して以来、多くの入館者の方々をお迎えしてまいりましたが、平成26年3月18日(火)にハンセン病資料館として通算入館者30万人を達成しました。これからも皆様に愛される資料館を目指して努力して参ります。ご来館下さいました皆様、誠にありがとうございました。

2013/11/28 「写真パネル・DVD貸し出し」に平沢保治さん講演 公務員編-人として人間として生きる-を掲載しました。

2013/8/9 「写真パネル・DVD貸し出し」を掲載しました。

2013/8/9 「教員向け教材DVD」の配布を開始しました。

2013/6/1 「開館20周年記念事業」のご案内を掲載しました。

2013/2/14 英語版ホームページを公開いたしました。

2012/7/5 ホームページのデザインをリニューアルしました。

映像ホールでハンセン病問題の「ガイダンスビデオ」をご覧いただけるようになりました。

長島愛生園編集「らい文献目録社会編」(昭和32年刊)同園所蔵文献検索を公開しました。

国立ハンセン病資料館で「お知らせメール」の発行をおこないます。

ホームページに資料館のリーフレット(日本語、英語、中国語、韓国語)を掲載しました。ダウンロードはこちら

キッズコーナーを公開いたしました。

図書室所蔵資料をインターネット上から検索できるようになりました。こちらから

所蔵している新聞記事目録に関してインターネット上から検索できるようになりました。こちら