重要なお知らせ
ハンセン病 2020年6月23日より再開館いたします。新型コロナウィルス感染防止対策の一環で見学は事前予約制・定員制とさせて頂きます。また入館にあたりこちらのお知らせもご確認下さい。 new
ハンセン病 新型コロナウイルス感染症に関連してハンセン病問題と同じ過ちをくり返さないために new
ハンセン病 個人メールアドレスの流出に関するご報告とお詫び new
ハンセン病 ハンセン病元患者の御家族の皆様へのお知らせ~補償金の支給制度について~ new
ハンセン病資料館は「学びの場・教育の場」

展示活動…資料を収集保存し、調査研究活動を行い、その結果得られた成果を展示を通じて公開します

語り部活動…学校や自治体等、団体来館者を中心に入所者が自らの体験談を話したDVDを上映します
ハンセン病体験講話…ハンセン病回復者の体験談を聞いてみませんか?

ハンセン病 ミュージアムトーク 2020 オンライン開催のご案内を掲載しました。 new

ハンセン病



 ハンセン病問題にまつわる様々なお話をご用意しました。ふだん聞く機会の少ないテーマにふれてみませんか。多磨全生園に眩しい日差しが満ちる季節、資料館からzoomウェビナーを使ってお届けします。

・会期:2020年7月25日(土)14:00~15:30(予定)zoom配信
・事前申込制・定員100人(申込先着順)
・参加申し込み受付期間:2020年7月15日(水)10:00~7月24日(金)17:00まで
・イベント当日の受付開始時間:2020年7月25日(土)13:45
資料館の目的
ハンセン病資料館は、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者とその家族の名誉回復を図ることを目的としています。
「ハンセン病」とは
ハンセン病はらい菌による経過の慢性な感染症です。感染しても発症するとは限らず、今では発症自体がまれです。また万が一発症しても、急激に症状が進むことはありません。初期症状は皮疹と知覚麻痺です。治療薬がない時代には変形を起こすことや、治っても重い後遺症を残すことがありました。現在では有効な治療薬が開発され、早期発見と早期治療により後遺症を残さずに治るようになりました。