ハンセン病資料館は「学びの場・教育の場」

展示活動…資料を収集保存し、調査研究活動を行い、その結果得られた成果を展示を通じて公開します

語り部活動…学校や自治体等、団体来館者を中心に入所者が自らの体験談を話したDVDを上映します
ハンセン病体験講話…ハンセン病回復者の体験談を聞いてみませんか?

ハンセン病 2019年5月18日 第28回ハンセン病体験講話(講話者:坂田啓子(さかたけいこ)さん)開催時の様子を掲載しました。 new
ハンセン病 2019年5月18日 施設貸出によるイベント開催情報のご案内を更新しました。 new
2019年6月1日(土)“ハンセン病回復者と話しませんか”
2019年6月15日(土)“川田淳個展「石山さん」”
2019年7月6日(土)“ハンセン病を正しく理解する講演会2019”

ハンセン病 2019年5月16日 1910年から2019年3月末までのハンセン病「新聞雑誌記事」目次検索ができるようになりました。 new
ハンセン病 2019年5月15日 ギャラリー展「太田明(おおたあきら)写真展」のご案内を掲載しました。 new
ハンセン病 2019年5月6日 映画「あん」上映会開催の様子を掲載しました。 new
ハンセン病 2019年5月6日 2019年度春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」付帯事業のワークショップ「キャンバスにあつまれ!」開催の様子を掲載しました。 new
ハンセン病 2019年5月1日 2019年度春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」付帯事業のオープニング・セレモニー学芸員よる企画展ギャラリートーク開催の様子を掲載しました。 new
ハンセン病 2019年4月24日 講演会「報道マンに訪れた”人間回復”~ハンセン病回復者との出会いから~」のご案内を掲載しました。 new
ハンセン病 ガイダンス映像上映スケジュールのご案内を掲載しました。 new

ハンセン病


・日程:5月24日(金)、26日(日)
・時間:11時00分から16時00分(事前予約なし、参加無料です)
・内容:ガイダンス映像「柊の向こう側」および「ハンセン病を知っていますか?」


ハンセン病 ギャラリー展「太田明(おおたあきら)写真展」のご案内を掲載しました。 new

ハンセン病


・日程:2019(令和元)年5月30日(木)~6月12日(水)
・時間:9時30分~16時30分(最終入館16時00分)
・休館日:毎週月曜日
・会場:国立ハンセン病資料館 1階ギャラリー
 本展では、長らく菊池恵楓園のカメラ会代表として、園内の文化活動をけん引して来られた太田さんの近年の作品約20点をご覧いただきます。


ハンセン病 2019年度春季企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」のご案内を掲載しました。 new

ハンセン病


・会期:2019年4月27日(土)~ 7月31日(水)
・会場:国立ハンセン病資料館 2F 企画展示室
・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・休館日:月曜および「国民の祝日」の翌日(ただし、月曜が祝日の場合は開館)
・入館料:無料

【付帯事業】(一部内容が変更になりました)
(第1弾 オープニングセレモニー)国立音楽大学学生による演奏会 2019年4月27日(土) 終了しました
・11時00分~12時00分 国立音楽大学学生による弦楽四重奏(1F映像ホール)
・14時00分~14時30分 学芸員によるギャラリートーク(2F企画展示室)
・14時30分~15時00分 国立音楽大学学生によるヴァイオリンソロ演奏(2F企画展示室)
入場無料/申込不要

(第2弾 ワークショップ)キャンバスにあつまれ! 2019年5月5日(日) 終了しました
・13時00分~15時00分 ワークショップ
・15時00分~16時30分 講師:田川誠さんによる作品仕上げ
会場:1Fギャラリー/入場無料/事前申込はこちらからからお願いいたします。

(第3弾 トーク企画)生きるための絵 2019年6月1日(土)14時00分~15時30分 new
ゲスト:荒井裕樹(二松學舍大学文学部准教授)さん、聞き手:木村哲也(当館学芸員)
会場:1F映像ホール/入場無料/申込不要(定員140先着順)

(第4弾 講演会)金陽会の作家たち、その素顔 2019年6月8日(土) new
・14時00分~15時30分 講演会(講師:太田明さん)
・15時40分~16時20分 クラシックコンサート(演奏者:大久保郁子さん、中島博臣さん)
会場:1F映像ホール/入場無料/申込不要(定員140先着順)

(第5弾 学芸員による企画展ギャラリートーク)2019年4月27日(土)、5月4日(土)、5月19日(日)、6月16日(日)、6月22日(土) new
春季企画展「菊池恵楓園・金陽会」の展示解説を開催します。
・2019年4月27日(土)第1回 14時00分~14時30分
・2019年5月4日(土)第2回 11時00分~11時30分/第3回 14時00分~14時30分
・2019年5月19日(日)第4回 14時00分~14時30分
・2019年6月16日(日)第5回 14時00分~14時30分
・2019年6月22日(土)第6回 14時00分~14時30分
会場:2F企画展示室/入場無料/申込不要


ハンセン病 講演会「報道マンに訪れた”人間回復”~ハンセン病回復者との出会いから~」のご案内を掲載しました。 new

ハンセン病


・日時:2019年6月30日(日)13時30分~15時15分(13時開場)
・会場:国立ハンセン病資料館 1F 映像ホール
・講師:小川秀幸氏(三重テレビ放送報道制作局長)
 ギャラクシー賞受賞ディレクターが語る
 ハンセン病問題を追い続ける理由、メディアとハンセン病問題・・・
※入場無料(事前申し込み不要、先着130名)

「大ちゃんと為さん~あるまちの風景~」の一部上映を行います
資料館の目的
ハンセン病資料館は、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的としています。
「ハンセン病」とは
ハンセン病はらい菌による経過の慢性な感染症です。感染しても発症するとは限らず、今では発症自体がまれです。また万が一発症しても、急激に症状が進むことはありません。初期症状は皮疹と知覚麻痺です。治療薬がない時代には変形を起こすことや、治っても重い後遺症を残すことがありました。現在では有効な治療薬が開発され、早期発見と早期治療により後遺症を残さずに治るようになりました。